第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」

4、基準線と転換線が同値になるのはどんなとき?

□では、今度は転換線と基準線が同値になるのはどんなときか考察する。

□もし、過去9日間の中心値と過去26日間の中心値が同じとしたら、考えられるのは上記3パターン。

■なるほど。

□緑の線が過去26日間の値動き、青の線が過去9日間の値動きを示す。
①はどちらも高値と安値が同じというケース、
②は9日間の高値が26日間の高値より低く、9日間の安値が26日間の安値より高いというケース。日本では「はらみ線」などと呼ぶ形。このとき、両線の高値と高値の差、安値と安値の差が同じなら、中心値も同一となる。
③は9日間の高値が26日間の高値より高く、9日間の安値が26日間の安値より低いケース。日本では「包み線」などと呼ぶ形だ。

■ちょっと待ったー。

□何かな?

■先ほど、9日の高値・安値は26日間の高値・安値の範囲に必ず含まれると勉強したばかりです。

□えらい。よく気が付いた。そのとおり。9日間の高値が26日間の高値より高いことや、9日間の安値が26日間の安値より低いことはありえない。ということで、

基準線と転換線が同値になるパターンは上記の2種類に限られる。ところで、何故「基準線と転換線が同値になること」が重要な意味を持つか、そこから解説しよう。まずは復習から。

 
【転換線と価格の関係からわかること】
・価格が転換線より上にあれば、短期勢力は買いの方が優勢。
・価格が転換線上にあれば、短期勢力は売りと買いが均衡している。
・価格が転換線より下にあれば、短期勢力は売りの方が優勢。

 

 
【基準線と価格の関係からわかること】
・価格が基準線より上にあれば、中期勢力は買いの方が優勢。
・価格が基準線上にあれば、中期勢力は売りと買いが均衡している。
・価格が基準線より下にあれば、中期勢力は売りの方が優勢。

 

■これは徹底的に勉強しましたので、よく理解してます。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」