第36回、一目均衡表その7、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?前編」

 第7章 均衡表の好転・逆転 

1、均衡表の好転・逆転とは? 

□均衡表において、転換線が基準線を上抜くことを「均衡表の好転」と呼び、転換線が基準線を下抜くことを「均衡表の逆転」と呼び、一目均衡表の中でも中心となるシグナルとなる。


【均衡表の好転・逆転】
・転換線が基準線を上抜く・・・・均衡表の好転=買いシグナル
・転換線が基準線を下抜く・・・・均衡表の逆転=売りシグナル
 

□上昇トレンド期には転換線が基準線の上にあり、下降トレンド期には基準線が転換線の上にある。これは勉強したよな?

■はい。


【基準線と転換線の関係】
・上昇トレンド期・・・・転換線>基準線
・下降トレンド期・・・・転換線<基準線
 

とすると、上昇トレンドから下降トレンドに変化するとき、下降トレンドから上昇トレンドに変化するとき、この2線はクロスする。

■なるほど。

図

□つまり均衡表の好転・逆転は大きなトレンドの変化を示すものだ。

■そういうことだったんですね。

□一目均衡表には有名な3つのシグナルがある。

■均衡表の好転(逆転)、遅行スパンの好転(逆転)、価格の雲抜け、3つ揃って三役好転(逆転)ですね。

□復習してきたね。さすがだ。


【一目均衡表の代表的3つのシグナル】
◆買いシグナル

・均衡表の好転 = 転換線が基準線を上抜く
・遅行スパンの好転 = 遅行スパンがろうそく足を上抜く
・価格の雲(抵抗帯)抜け = 価格が雲を上抜ける
 ※3つ揃って三役好転と呼ぶ。

◆売りシグナル
・均衡表の逆転 = 転換線が基準線を下抜く
・遅行スパンの逆転 = 遅行スパンがろうそく足を下抜く
・価格の雲(抵抗帯)割れ = 価格が雲を下抜ける
※3つ揃って三役逆転と呼ぶ。

 

□上記を単に売買シグナルだとだけ捉えては失敗する。一目使いになるためには、意味を理解しなければいけない。まず今回は「均衡表の好転・逆転」。

■つまり、基準線を転換線がクロスすることはトレンドの転換を意味すると。

□だね。ネーミングもよく吟味してごらん。「基準線」はその時点の基準となる価格、基準となるトレンドを示している。そして転換線がその基準となるトレンド(=基準線)とクロスすることは下降トレンドが上昇トレンドに、上昇トレンドが下降トレンドに転換したことを示す。だから「転換線」と呼ぶわけだ。

■なるほど。基準を示す線、転換を示す線というわけですね。

□そういうこと。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第36回、一目均衡表その7、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?前編」