ねじれ国会解消相場で14500円台を抜ければ、14700円台も

(指標)日経平均

 先週の予測では、前週末の6月28日(金)に13677円となって買転換が出現し、もみあいを上に抜けたので14000円水準(14100円台)を目指すとしました。7月21日の参議院選に向けて政策期待から反発が続きそうだとしましたが、出来高・売買代金が縮小していることで海外の材料に振り回される可能性が強いともしました。
 週初めは、日銀短観の市場予想を上回る改善で△175の13852円、7月2日(火)は参議院選で自民党の圧勝からの政策期待と円安による業績の上ブレ期待から△246の14098円と、5月30日以来の14000円台回復となりました。7月3日(水)、4日(木)は急激な上昇からの利益確定売りで2日連側の小幅安となりました。しかし、週末の5日(金)は100円台の円安とアジア市場の堅調な動き、アメリカ市場でこの日発表の雇用統計の改善予想からアメリカ株式の先物が大幅高となっていたことで、先物主導で売り方の買い戻しを巻き込んで、△291の14309円の高値引けとなりました。
 基本的には7月21日の参議院選に向けて戻りを試すものの、6月27日(木)の△319の13213円から7月5日(金)の△291の14309円まで短期で1436円も上昇しており、テクニカル的には短期の過熱感が高まっています。目先の上値ポイントは5月29日の戻り高値14512円、61.8%戻しの14595円となります。この水準では、昨年11月13日の8619円からの上昇ライン(A)にアタマを押さえられるところです。
 週明けの8日(月)は、先週末のアメリカ株高、101円台の円安を好感して△181の14491円で始まるものの、アジア株式が下落したことで後場はマイナスに転じ▼200の14109円と大幅反落となりました。このまま大きく下げずに反発となって引線の終値で14329円を上回れば「ろく買」出現となって、さらに上値を試すことになります。

(指標)NYダウ

 先週の予測では、量的緩和縮小の時期を巡って不安定な動きが続くとしましたが、柴田罫線では引線の終値で15200ドルを超えると買転換出現となって調整が終わることになるとし、注目は6月雇用統計だとしました。
週前半は、7月4日(木)の独立記念日を前に15000ドル手前でのもみあいとなっていましたが、注目の6月雇用統計は市場予想を上回る強い数字となって最短では9月の縮小説が勢いを増し、長期金利は約1年11ヶ月ぶりに2.7%台となり、為替は1ドル=101円台をつけました。しかし、量的緩和の早期縮小はかなり織り込んでおり、むしろ景気の回復基調を反映して、NYダウは△147の15135ドルの大幅上昇となりました。
今週は、量的緩和縮小の前倒し観測が広がり、景気回復を背景にした買いが続くかどうかが焦点となります。今週から4-6月期の決算シーズンに入り、まず大手アルミのアルコアや大手銀行の決算発表となります。中国の成長鈍化が気掛かりですが、下値は堅く、もみあいながらも戻りを試す動きが想定されます。

(指標)ドル/円

 先週の予測では、量的緩和を巡って神経質な展開となるものの、経済指標が好調でNYダウが上昇すれば量的緩和の縮小の時期が近づくとして長期金利が上昇し、ドル買い・円売りが進むことになるとしました。98~101円を想定。
 7月4日(木)まではアメリカの経済指標を好感したドル買い、逆にエジプト、ポルトガルの政局不安でリスク回避の円買いとなったことで、100円を挟んだもみあいとなりました。しかし、週末の5日(金)は、アメリカの雇用統計が市場予想を上回ったことで長期金利が1年11ヶ月ぶりの2.7%台となり、ドルが買われて円安が進み、1ドル=101.23円まで上昇しました。
 アメリカの景気回復観測が広がり量的緩和縮小時期が早まる予測から、ドルが買われやすい状況が続きそうです。円買いの材料としては、ユーロ不安と中東の政変リスクがありますが、日銀の量的緩和の継続方向があり、102円台を試す可能性があります。100~102円台を想定。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> ねじれ国会解消相場で14500円台を抜ければ、14700円台も