相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(5471)大同特殊鋼

 四季報2013年春号によると、特殊鋼専業で世界最大級。自動車や産業機械向け特殊鋼が数量減。スクラップなど原材料高響き減益幅拡大。減配。14年3月期は特殊鋼や機能・磁性材料の在庫調整が一巡。原材料高残るが製品価格転嫁徐々に進み、営業益上向く。
 2009年2月24日の201円で底打ちし、上昇トレンド(A)を形成しました。この中で2011年2月16日の582円まで上昇後、3月11日の東日本大震災を受けて急落し、3月15日の370円まで急落するもののすぐに切り返し、上昇トレンドを継続していました。しかし、2012年3月21日の589円をつけたところで反落となり、4月6日の535円で売転換が出現し、円高が加速したことで上昇トレンド(A)を下に切って下降トレンド(B)へ移行しました。11月13日の294円で底打ちとなり、アバベノミクス相場のスタートとなって11月16日の329円で買転換が出現し、上昇トレンド(C)へ転換しました。急角度の上昇となって、5月23日には690円の高値をつけましたが、日経平均が急落となってつれ安して押し目を形成しているところです。


 

(7732)トプコン

 四季報2013年春号によると、測量やGPS関連が軸。欧州眼科向け不振でも米国で建機・農機向け新製品が躍進。国内も合理化効果大。増益幅拡大。14年3月期は土木関連に復興特需。円安で輸出採算改善。為替差損減。事業撤退特損消滅。連続増配か。
 2006年3月27日の4490円を史上最高値に急角度の下降トレンド入りとなり、2009年2月20日の250円で底打ち。ここから大底圏でボックス相場に近い緩やかな上昇トレンド(A)となっていましたが、昨年10月11日の344円を安値にアベノミクス相場による円安転換で急騰し、今年5月15日には1350円と半年で約4倍化しました。
業績は急回復していますので、昨年10月11日の344円から今年5月15日の1350円までの上昇幅の1/2押し(847円)水準へ向かう下げは、リバウンド狙いとなります。100株単位で買えますので、現水準(5/7終値890円近辺)から買い下がりもよいでしょう。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!