第33回、一目均衡表その4、「半値線を極める!」

【ひとめで均衡がわかるとは】
・転換線が短期における売買勢力の均衡点を表わす。
・基準線が中期における売買勢力の均衡点を表わす。
・先行スパン2が長期における売買勢力の均衡点を表わす。
※短期勢力とは9日間、中期勢力とは26日間、長期勢力とは52日間のこと。

□半値線が均衡点を示しているので、それより上に価格があれば買い勢力が強い、それより下に価格あれば売り勢力が強いということになる。

■なるほど、転換線が短期の勢力が買いが強いか売りが強いかを示し、基準線が中期の勢力が買いが強いか売りが強いかを示し、先行スパン2が長期の勢力が買いが強いか売りが強いかを示しているわけですね。

□そういうこと。

【短期の売買勢力】
・価格が転換線より上にあれば、短期は買い勢力の方が優勢であることを示す。
・価格が転換線の位置にあれば、短期は買い勢力と売り勢力が均衡していることを示す。
・価格が転換線より下にあれば、短期は売り勢力の方が優勢であることを示す。

【中期の売買勢力】
・価格が基準線より上にあれば、中期は買い勢力の方が優勢であることを示す。
・価格が基準線の位置にあれば、中期は買い勢力と売り勢力が均衡していることを示す。
・価格が基準線より下にあれば、中期は売り勢力の方が優勢であることを示す。

【長期の売買勢力】
・価格が(26日先の)先行スパン2より上にあれば、長期は買い勢力の方が優勢であることを示す。
・価格が(26日先の)先行スパン2の位置にあれば、長期は買い勢力と売り勢力が均衡していることを示す。
・価格が(26日先の)先行スパン2より下にあれば、長期は売り勢力の方が優勢であることを示す。

□ここまでいいかな?

■OKです。

□ということはこの三本の線と価格の関係を見ただけでいろんなことがわかる。例えば、価格が転換線の下にあり、基準線の上にあり、(26日先の)先行スパン2の下にあったとする。これで何がわかる?


※チャートは【公式】一目均衡表チャートhttp://ichimoku-chart.com/

■えーと、短期は売り勢力の方が強い。中期は買い勢力の方が強い、長期は売り勢力の方が強いということですね。

□そういうこと。こういうことはよくある。つまり、上昇トレンドなのか下降トレンドなのかというのは期間の設定で全然違ってくる。ここら辺、トレードするときには注意が必要だよな。

■ですね。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第33回、一目均衡表その4、「半値線を極める!」