第31回 一目均衡表その2、『5つの線の計算式を理解し、半値線をマスターしよう!』

今日のまとめ

・安定上昇期の5つの線の並び順は左上から右下に向かって、遅行スパン、転換線、基準線、先行スパン1、先行スパン2となる。そして価格は遅行スパンと転換線の間に位置する。
・安定下降のときはの並び順は左下から右上に向かって、遅行スパン、転換線、基準線、先行スパン1、先行スパン2ときれいな並び順になる。そして価格はやはり遅行スパンと転換線の間に位置する。
・線と線がクロスしてこの並び順が変化するということは、それだけでトレンドが変化しつつあるという証明になる。

・一目均衡表のすべての線は抵抗線であり支持線である。
・一目均衡表は、すべての線のクロスに意味がある。

・一目均衡表の各線の計算式
・転換線=(過去9本間の最高値+過去9本間の最安値)÷2
・基準線=(過去26本間の最高値+過去26本間の最安値)÷2
・遅行スパン=当足の終値を26本過去にずらして描画
・先行スパン1=(転換線+基準線)÷2を26本将来に描画
・先行スパン2=(過去52本間の最高値+過去52本間の最安値)÷2を26本将来に描画

・一目均衡表では常に当日を入れた計算になっている。
・一目均衡表はこの9とか26とか52とかいう数値は固定

・過去一定期間の最高値と最安値を足して2で割ったもの、つまり過去一定期間の値動きの中心。これを半値、もしくは中値(仲値)などと呼ぶ。
・半値線・・・・転換線・基準線・先行スパン2
・変形半値線・・・・先行スパン1
・半値線でない・・・・遅行スパン

・転換線・・・過去9日間の中心値をつなげた線
・基準線・・・過去26日間の中心値をつなげた線
・先行スパン2・・・過去52日間の中心値をつなげた線

【半値線からわかること】
・上昇トレンドでは中心値は切り上がっていく。
・下降トレンドでは中心値は切り下がっていく。
・もみ合い相場では中心値は横ばいか、短期で上昇下降をくりかえす。
・つまり半値線の勾配がトレンドを表わす。

・短期のトレンドを表わす線・・・・転換線
・中期のトレンドを表わす線・・・・基準線
・長期のトレンドを表わす線・・・・先行スパン2

 
 

□第31回講義終了。

■「起立、礼!」

□本日の講義をマスターしたなら、単位を2単位差し上げよう。
本日の単位数2  累計単位数70
テクニシャンまであと  30単位!

 

「小次郎講師の先物流儀」 http://f-blog.jp/kojiro/
「小次郎講師流タートルズ投資塾」 http://www.masters-tv.net/
【DVD】 http://money01.h8w.co.jp/lp/06/
【動画】小次郎講師のテクニカル分析講座
 http://commodityonlinetv.com/basic-the-commodity/
【チャート】公式一目均衡表チャート http://ichimoku-chart.com/


1 2 3 4 5 6

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第31回 一目均衡表その2、『5つの線の計算式を理解し、半値線をマスターしよう!』