第30回 一目均衡表その1、『一目均衡表の歴史。そして5つの線を覚えよう!』

今日のまとめ

・一目均衡表は昭和の初期に一目山人氏(本名細田悟一)が考案した日本発の世界を代表するテクニカル分析手法。

・昭和44年(1969年)から一目均衡表7部作が順次出版され、ようやく一般人にも一目均衡表が知られるようになり、一大ブームが巻き起こる。

・現在出版されているのは「一目均衡表」「一目均衡表完結編」「一目均衡表週間編」「わが最上の型譜」のみ。

・世界で一番テクニカル分析の歴史があり、レベルが高いのは実は日本。

・三役好転すれば絶好のチャンスかというとそうとは限らない。

・一目均衡表というネーミングは「ひとめで均衡がわかるチャート」という意味。

・均衡の崩れた方に相場は動くというのが基本的考え方。

・一目均衡表は世界に数あるテクニカルチャートの中で、現在より先に線が引かれている珍しいチャート。その意味を考える。

・5つの線とは「転換線」「基準線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」。そして先行スパン1と2の間を半透明に塗りつぶし、そこを「抵抗帯(雲)」と呼ぶ。

・5つの線の見分け方
転換線・・価格の一番近くを価格と共に上下しながら動く線。
基準線・・転換線の外側を価格と共に上下しながら動く線。
遅行スパン・・ひとつだけ後ろ側にずれている仲間外れの線。
先行スパン1・・抵抗帯(雲)を作る線のうち、上下動が多い方の線。
先行スパン2・・抵抗帯(雲)を作る線のうち、横ばい状態が長い方の線。

 
 

□第30回講義終了。

■「起立、礼!」

□本日の講義をマスターしたなら、単位を2単位差し上げよう。
本日の単位数2  累計単位数68
テクニシャンまであと  32単位!

「小次郎講師の先物流儀」 http://f-blog.jp/kojiro/
「小次郎講師流タートルズ投資塾」 http://www.masters-tv.net/
【DVD】 http://money01.h8w.co.jp/lp/06/
【動画】小次郎講師のテクニカル分析講座
 http://commodityonlinetv.com/basic-the-commodity/
【チャート】公式一目均衡表チャート http://ichimoku-chart.com/


1 2 3 4 5

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第30回 一目均衡表その1、『一目均衡表の歴史。そして5つの線を覚えよう!』