柴田罫線の短期トレンドで円高予測…日経平均目先調整へ

(指標)日経平均

 先週の予測では、3月期末に向かって高値圏のもみあいが続くとし、27日(水)の配当落ちの日にその配当落ち分(90円)をすぐに埋めて上昇できるかどうかとしました。ただし、柴田罫線の短期為替チャートで3月21日に売転換が出現していることで、為替に連動してきた日経平均の上値は重いことになるとしています。
 結局、キプロス問題への一喜一憂が続き、イタリアの政局不安も絡んで伸び悩み、週間では0.5%高のほぼ横ばいとなりました。柴田罫線では3月21日の12650円をピークにもみあいとなって、週末の12335円の終値は22日(金)の12338円を3円下に切る形で終わっています。(現在、柴田罫線の2文切りは、金額の大きい場合は2文=20円として計算していますが、2文=2円とすれば売転換が出現していることになります。)
 今週の最大の注目材料は、3~4日の日銀金融政策決定会合です。国債買い入れ拡大の目標などすでに黒田新総裁に言及していることは相場に織り込んでいる可能性高く、内容に予想以上のものがなければ目先材料出尽くしとなって、いったん円の買い戻しが進めば日経平均は利益確定売りということになります。又、週末のアメリカの3月雇用統計も為替の変動要因となります。週明け4月1日(月)は、手掛かり材料不足の中3~4日の日銀金融政策決定会合の内容はすでに織り込み済みとの見方が多く、為替も円高に進んだことで利益確定売り優先となり、▼262の12135円の大幅下落となって、柴田罫線で短期の売転換が出現しました。チャートのフシは12000円の大台ですので、まずはここで止まるかどうかに注目となります。

(指標)NYダウ

 先週の予測では、キプロス問題もいったん落ち着いたことから経済指標に注目することになり、予想を上回れば最高値を再び更新する動きとなるとしました。
 週明けの25日(月)に欧州債務懸念から14395ドルまで下落するものの、その後は予想を上回る経済指標が相次いだことで、28日(木)は△52の14578ドルと最高値更新となり、S&P500も△6の1569Pと2007年10月以来の最高値更新となりました。
 先週は、NYダウの史上最高値更新と同時にダウよりも広範な業種の値動きを反映するS&P500が約5年5ヶ月ぶりに最高値をつけたことで、市場は明るいムードとなっています。しかし、この堅調相場が長続きするかどうかはイタリアの政局やキプロス問題を含めた欧州情勢とアメリカの3月雇用統計次第となってきます。高値圏での波乱要因を含んだ週といえます。


 

(指標)ドル/円

 先週の予測では、3月21日に94.9円で短期のドルの売転換出現となっており、3月12日の96.71円を上回ることができなければ、次は93円台の円高となってくるとしました。
 結果的には、キプロス問題やイタリアの政局からユーロが売られ、ドルの戻りも弱く、94円台でのもみあいとなりました。
 今週の注目は、日本の3~4日の日銀金融政策決定会合の内容にかかっています。すでに国債の購入枠の拡大目標など黒田新総裁が発言した政策はすでに織り込まれているとみてよく、予想以上のものが出なければ円の買い戻しが進むことになります。又、アメリカの5日(金)の3月雇用統計が予想を下回ればドル売り・円買いとなり、予想を上回ればドル買い・円売りとなりますので、様子見が基本となります。92~95円のレンジを想定。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 柴田罫線の短期トレンドで円高予測…日経平均目先調整へ