相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3104)富士紡ホールディングス

 四季報2013年春号によると、スマホ需要で半導体向け研磨材が絶好調、新規用途も増加。利益上振れ、最高純益圏へ。増配。14年3月期は化学品で東洋紡の武生工場取得が寄与。が、利益柱の研磨材が需要一服。利益小幅反落に。
 2010年8月25日の102円を安値に緩やかな上昇トレンド(A)を形成していましたが、この中で2012年5月15日の145円を安値に反発となり、7月31日に190円で買転換が出現、上昇トレンド(A)を上放れし、急角度の上昇トレンド(B)へ移行して11月8日の394円で当面のピークとなりました。大きな相場となっただけに調整が続いていましたが、今年の2月15日の259円、2月27日の265円と2点底をつけて3月25日に293円で買転換出現となりました。当面は好業績を織り込んだ後の調整ですので、リバウンド狙いとなります。

(1518)三井松島産業

 四季報2013年春号によると、主柱の豪州炭生産は数量微減。豪ドル安等の換算益あるが、炭価下落大きく営業減益。事業縮小、有証関係特損も。14年3月期は保養所受託が通期寄与。ただ石炭の国内需要停滞、豪州生産も能力限度続く。市況復調遅れそうで営業益横ばい圏。
 石炭火力発電の新増設に関する政府発言を受けて急騰し、1月31日に256円まで急騰。その後の調整が続いていますが、クリーンな石炭火力発電の増設という材料は息の長いテーマになりますので、相場が行き詰まれば買われてくることになります。
 2009年3月10日の69円で底打ち後、上昇トレンド(A)を形成しましたが、2010年4月12日の227円まで上昇後、再下落となりました。その後は100円水準を下値に上値を切り下げる直角三角形の保ち合い(B)を形成しました。この中で2012年9月6日の102円を安値に反発となり、12月27日に147円で買転換が出現して1月31日には256円まで上昇しました。その後、急騰後の大幅調整となっていますので、じっくり買い下がって調整完了を待つところです。

(7267)本田技研工業

 四季報2013年春号によると、主力の4輪は震災、タイ洪水影響が消え、北米中心に好伸。円安で為替ヘッジ差損。最終増益幅は若干縮む。増配。14年3月期は4輪は国内で弱含むが、収益源の北米で高水準持続。アジア続伸。2輪が堅調。円安カサ上げ効果も。連続増配。
 2011年2月17日の3745円を高値に3月11日の東日本大震災と円高を受けて、11月22日の2127円までの大きな調整となりました。その後は3745円を高値の基点、2127円を安値の基点とする三角保ち合い(A)を形成することになりました。この中で2012年6月4日の2354円、7月25日の2339円、10月11日の2294円と順下げの3点底(逆3尊天井)となって反発し、11月16日に2591円で買転換が出現してそのまま急騰、三角保ち合い(A)を上放れし、今年の2月12日に3620円まで上昇しました。ここを目先のピークに短期の売転換が出現して2月27日の3330円までの浅い押し目を入れ、すぐに再上昇となって3月15日には3830円の高値更新となり、2011年2月17日の3745円を突破しました。再びこの3830円をピークに反落となり、3月22日に3670円で短期の売転換出現となって押し目を形成しているところです。押し目の程度は、為替のドル/円がどこまでの円高進行(柴田罫線の短期トレンドでは円高へ)にかかっていますが、一時的な円高が止まって円安基調になれば真っ先に買われる銘柄といえます。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!