相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(7261)マツダ

 四季報2013年新春号によると、中国不買は誤算だが、新型SUV『CX‐5』が内外とも好発進、下期新型『アテンザ』も寄与。好採算車種の構成比拡大。税調整なく純益黒字浮上。無配継続。14年3月期は北米、東南アジア中心に増勢。
 中長期のチャートをみると、2008年7月24日の672円を高値にリーマンショックもあって暴落となり、2009年3月3日の113円でいったんの底打ちとなり、この年の6月8日の296円まで反発しました。しかし、ここを戻りのピークに①→②→③と下げ角度を大きくし、2012年7月26日の85円で底打ちとなりました。この大底圏で6月4日の88円、7月26日の85円、10月10日の86円と3点底となり、11月1日に105円で買転換出現となって、この後の円安進行を受けて急騰となり、今年の2月7日に334円をつけました。その後円安一服を受けて調整入りとなっており、大きく下げるほど買いチャンスといえます。

(5932)三協立山

 四季報2013年新春号によると、アルミ建材大手で住宅用サッシ国内3位。
主力の建材は戸建て向けがエクステリア等堅調。ビル向けも不採算案件減り浮上。形材は娯楽業界、太陽光発電関連などで出足高水準。商業施設のLED看板特需剥落、抑制した工場投資など費用増見込むが期初予想の会社営業益90億円保守的。
 昨年2012年の6月27日の117円を安値に下値、上値を切り上げ中であったが、12月3日に1/10の減資となり、株価は10倍の値段になっています。12月3日に1727円のスタートとなり、12月7日に1489円まで下落し、安倍政権の政策期待から今年の2月1日には1972円まで上昇しました。ここから上げ幅の1/2押し(1731円)を下回る1670円(2月15日)まで下げて、2月20日の1806円まで反発し、その後は三角保ち合いとなっていましたが、3月6日の1792円で買転換出現となっています。100株単位で買えますので、押し目買い有利といえます。

(6996)ニチコン

 四季報2013年新春号によると、AV機器、PC向けのアルミ電解コンデンサー急減。中国向けの産業機器用も想定以下。赤字転落。移転補償金収入。14年3月期はアルミ電解コンデンサー徐々に底入れ。生産体制見直し等で上向く。
 2011年3月11日の東日本大震災の直後に3月15日の891円まで下落後、7月22日の1372円まで反発するものの、ここをピークに下降トレンド(A)入りとなりました。この下降トレンド(A)の中で2012年10月12日の482円、11月14日の463円で2点底をつけて反発し、短期の上昇トレンド(B)となって下降トレンド(A)を上に抜いています。この上昇トレンド(B)の中で今年の2月12日に962円まで上昇し、目先ピークとなって2月26日に836円で売転換出現となりました。押し目買いの形といえます。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!