第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』

今日のまとめ

・テクニカル分析をするときにはトレンド系の指標をひとつ、オシレーター系の指標をひとつ、そして出来高系の指標もひとつ加えるといい。

(通常のトップ)
・%K%Dとも上昇していたが、%Kがまず方向転換(下降)して、上昇している%Dとクロスする。その後%Dが方向を転換(下降)する。

(通常のボトム)
・%K%Dとも下降していたが、%Kがまず方向転換(上昇)して、下降している%Dとクロスする。その後%Dが方向を転換(上昇)する。

(スパイクトップ)
・%K%Dとも上昇していたが%K%Dが相次いで方向転換(下降)しだす。そして、%Dが方向転換(天井打ち)した後に%Kと%Dのクロスが生じる。つまりそのクロスポイントは%Dの天井打ちよりも遅れて発生する・・・・というのがスパイクトップ。

(スパイクボトム)
・%K%Dとも下降していたがその%K%Dが相次いで方向転換(上昇)しだす。そして%Dが方向転換(底打ち)した後に%Kと%Dのクロスが生じる。そのクロスポイントは%Dの底打ちよりも遅れて発生する・・・・というのがスパイクボトム。

・スパイクトップ・スパイクボトムは共に方向転換の強いシグナルと言われている。

(ガービッジトップ)
・ガービッジトップとは天井付近で%Kと%Dが三度クロスする形。なおかつ、三度目のクロスが明確なクロス(上から下へはっきりと下がるクロス)であることが望ましいと言われている。

(ガービッジボトム)
・ガービッジボトムとは底付近で%Kと%Dが三度クロスする形。なおかつ、三度目のクロスが明確なクロス(下から上へはっきりと上がるクロス)であることが望ましいと言われている。

・ガービッジトップ、ガービッジボトムはスパイクトップ・スパイクボトム以上にトレンド転換の強いシグナルとなる。

・ガービッジボトムの変形で、何度もクロスした後にようやく本当の上げ(下げ)につながるというケースもある。

 

□第28回講義終了。

■「起立、礼!」

□本日の講義をマスターしたなら、単位を2単位差し上げよう。
本日の単位数2  累計単位数64
テクニシャンまであと  36単位!

「小次郎講師の先物流儀」 http://f-blog.jp/kojiro/
「小次郎講師流タートルズ投資塾」 http://www.masters-tv.net/
【DVD】 http://money01.h8w.co.jp/lp/06/
【動画】小次郎講師のテクニカル分析講座
 http://commodityonlinetv.com/basic-the-commodity/
【チャート】公式一目均衡表チャート http://ichimoku-chart.com/


1 2 3 4 5

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』