第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』

2.ガービッジトップ・ガービッジボトム

□ということで、今度はよく発見できる形。ガービッジトップ、ガービッジボトムを紹介する。こちらはスパイクトップ、スパイクボトムよりもさらに強いシグナルと言われている。

■おお、それなら期待大です。

ガービッジトップとは天井付近で%Kと%Dが三度クロスする形。なおかつ、三度目のクロスが明確なクロス(上から下へはっきりと下がるクロス)であることが望ましいと言われている。

ガービッジボトムとは底付近で%Kと%Dが三度クロスする形。なおかつ、三度目のクロスが明確なクロス(下から上へはっきりと上がるクロス)であることが望ましいと言われている。

■ガービッジとはどういう意味ですか?

□ガービッジとは『garbage』と書く。辞書を引くと、「ごみ」とか「残飯」とか、後、コンピューター用語で「不要なデータ」とか言う意味がある。

■あまりいい意味ではないですね。

□ただ、語源的には「ふるいにかけられた」という意味らしい。底打ち、天井打ちのふるいにかけられた形なのかもしれない。

■なるほど。それなら信頼できますね。

□どちらにしろ、たとえばガービッジトップでは一度デッドクロスする。で売りサインかなと思ったら一度騙しに会い、その後再度のデッドクロスで成功するというのがガービッジトップのパターン。

■一度は騙されるんですね。

□そう。
ガービッジボトムでは一度ゴールデンクロスする。で、買いサインかなと思ったら一度騙され、その後再度のゴールデンクロスで成功するというのがガービッジボトムのパターン。

■やはり一度騙されるんですね。

□やけに気にするね。ガービッジボトムの変形で、何度もクロスした後にようやく本当の上げにつながるというケースもある。

■何度も騙されるわけだ。

□でもそのあとに本物に巡り合う。

■涙なしでは語れませんね。ガービッジボトム・・・僕の人生のようだ。 騙されて、捨てられて、ごみのように扱われて、そこから這い上がって栄光をつかむ。今や昇り龍。

□そんないいものか。(汗;)

□ということで本日はここまで。次回はいよいよストキャスの最終回。

■ついに終わるんですね。永久に続くのかと思った。

□正直、まだまだ話したいことがあるのだが、これくらい理解出来ればもう十分使える。それより他の指標のことを解説したい。

■楽しみです。

□ここでちょっと宣伝。
ドットコモディティという会社で「THE MASTERS」という投資家育成プロジェクトを開催している。私はそこの講師をしているのだが、今年から例年の「小次郎講師流タートルズ投資塾」に加えて、「徹底的!小次郎講師のテクニカル分析講座」というコースを開設することになった。どちらも全10回コース。北海道から沖縄まで開催予定。(※但し、定員に達しない場所は開催されない。)4月から開校予定で、募集は3月中旬まで。
詳しい情報はこちらから。
http://www.commodity.co.jp/education/

□それではまた次回。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』