チャートは上放れへ。上下動繰り返しながら12000円を目指す形へ

(指標)日経平均

 先週の予測では、G20の声明を受けて円安一服の可能性があり、利益確定売りも出やすく高値圏での荒い動きを想定しました。その場合、下値ポイントは25日移動平均線(2月15日時点10978円)であるが、終値で11153円を切ると日経平均にも短期の売転換が出現するとしました。
 18日(月)の△234の11407円の大幅反発のあと、少し押し目を入れて20日(水)には欧米株式の大幅上昇を受けて一時4年5ヶ月ぶりに11510円と11500円台を回復し、△95の11468円となりました。しかし、NYダウの反落と円安一服を受けて21日(木)は▼159の11309円、週末22日(金)は11175円まで下げるものの、ここから先物主導で切り返し、△76の11385円で引けました。何とか11153円を守りました。
 今週は、22日(金)の日米首脳会談でTPP交渉への参加が共同声明という予想以上の形で表明されたことで成長戦略の具体化を待っていた投資家の買いが入ってくる可能性があります。一方で、イタリア総選挙の結果では利益確定売りの可能性もあります。チャートをみると、先週下値抵抗ラインの11173円を切らずに11175円から切り返し、下値切り上げの形で上で2月6日の11498円、このまま11510円を終値で上に抜けていくと「2山形成後の浅い押しは上放れ」という形になる可能性が出てきました。
 結局、25日(月)は、TPP交渉への参加表明と次期日銀総裁へ金融緩和積極派の黒田氏の起用の提示を受けて1ドル=94円台への円安進行となったことで輸出関連の主力株や金融株が買われ、△276の11662円で引けました。次の上値は11750円水準で、ここを突破すると12000円を目指すことになります。

(指標)NYダウ

 先週の予測では、材料不足は変わらず、上値の重たい展開の中で、前週と同じく14000ドルを挟んだ動きが想定されるとしました。
 連休明けの19日(火)は、欧州株式の大幅上昇を受けて△53の14035ドルとなるものの、翌20日(水)はFOMC議事録の中で金融緩和の縮小の可能性を示す委員のコメントがあったことで懸念が高まり▼108の13927ドルの大幅反落となりました。翌21日(木)も▼46の13880ドルまで続落しましたが、週末22日(金)は欧州の反発と好決算を受けて△119の14000ドルとなりました。結局、14000ドル水準を前にもみあいが続いています。
 今週も方向性を欠き、高値圏でのもみあいが続きそうです。20日(水)のFOMC議事録の内容を受けてQE3が縮小・終了される観測が広がり、株式市場が下がる場面があり、後で否定されたことで戻したものの懸念はくすぶっています。26~27日のバーナンキ議長証言に注目となりますが、3月1日に歳出の強制削減が迫っていることは不安材料となります。28日の昨年10~12月期のGDPが上方修正になるようだとNYダウの最高値も意識されるところです。

(指標)ドル/円

 先週の予測では、G20の声明を受けて一方的に円安を進めにくい状況となり、又2月中旬から3月初めにかけて期末に向けての輸出企業の円買いも活発になるため、円安の流れは一服する可能性が高まるとしました。
 今週は、日銀総裁人事を巡り金融緩和への期待が高まる可能性がありますが、イタリアの総選挙次第では欧州債務不安が再燃し、ユーロ売り・円買いが進むことも考えられます。当面は、92~95円のレンジの動きが続きそうです。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> チャートは上放れへ。上下動繰り返しながら12000円を目指す形へ