第27回 ストキャスその8、『ストキャスティクスのダイバージェンス』

□近年、トップトレーダーの間で非常に注目されていて、オシレーター系の分析の中で非常に有効な指標と言われている。応用としては価格ウェイブの天井部分が高値を更新しているとき、オシレーターウェイブの天井部分も高値を切り上げているとしたら、それをコンバージェンスと呼び、安定して勢いを増している相場ということになる。トレンドの確認に使われたりする。

■ところで講師、ストキャスでは3つの線がありますが、どれで見たらいいんですか?

□それはいつも言っているが、「その人の投資スタイルに応じて」という答えになるが、ま、一般的には%Kでは騙しが多すぎる。やはりS%Dでと言っておこう。

■S%Dですね。

2.ダイバージェンスが起こる理由

□ダイバージェンスを理解するために、ダイバージェンスがなぜ起こるかを検討してみよう。

■教えてください。

□たまには考えてご覧。

■うーんと・・・・。

□難しいかい?たとえば大きな上昇相場を考えてごらん。価格はどんどん高値を更新するけど、%Kはどんなにいっても100以上はないわけだ。

■そりゃそうですね。

□ということは安定して上昇しているときでも%Kはいずれ横ばいになるとわかる。

■なるほど。

□でS%Dだが、%Kが1日100を付けただけでは100にはならない。5日間100をつけて初めて100になると勉強した。

■しました。

□つまり上がったにしろ、短期間の上げの場合はS%Dはさほど上昇しないのだ。つまり・・・「ダイバージェンスが起こるのは、価格は上昇しているがかつてほどの上昇力がないとき」とわかる。だから、相場の反転の予兆となるのだ。

■ なるほど

ダイバージェンスが起こるのは、価格は上昇しているがかつてほどの上昇力がないとき

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第27回 ストキャスその8、『ストキャスティクスのダイバージェンス』