アメリカ経済は再び復活の兆し・・・柴田罫線の形から将来を読む・・・

(指標)日経平均

 先週の1月21日(月)の分析では、一時的に円高となっても日経平均の下値は限定的で、下げても1月17日(木)のザラ場安値10432円が下値ポイント、上値では11000円としました。22日の日銀金融政策決定会合の結果を受けて一時円高に振れ日経平均は1月21日(月)に10441円まで下落しましたが、すぐに円安基調となり大きな円安進行となったことで、週末の25日(金)は10926円で引けました。42年ぶりの11週連続の上昇となりました。
 今週も円安基調は変わらないと思われますが、さらに大きな円安(92円台)とならない限り高値圏でもみあう展開が想定されます。その動きの中で28日(月)は、ボックスの上限とした11000円に到達し目標達成感から寄り付き11002円をつけて利益確定売りとなり▼102の10824円で引けました。主要企業の決算発表が本格化しますが、特に輸出関連企業は円安効果を織り込みながら上昇してきているだけに、このまま更に上昇するかどうか注目するところです。チャートでは、11000円水準は抵抗ゾーンとなります。下げても下値は10600円が抵抗ラインとなっています。

(指標)NYダウ

 先週の1月21日(月)の分析では、2011年の10月4日の10404ドルからの短期上昇トレンドを追う形で分析してきましたが、ここにきて昨年の10月5日の13661ドルの高値を更新してきたことで、中長期のトレンドで分析をし直すと別の見方がでてきました。
 リーマンショック後の2009年2月9日に6440ドルの安値をつけ、ここから2011年の5月2日の12876ドルまでの大きな上昇トレンドを形成しました。その後は、この年の10月4日の10404ドルまで調整し、ここから12876ドルを基点とする、緩やかに上値を切り上げる上昇、10404ドルを基点に角度の大きい下値を切り上げる上昇、つまり上向きの先細三角形の保ち合いを形成してきました。この煮詰まってきた中で、昨年の11月16日の12471ドルを安値に上昇して昨年来高値を更新し、この上向き先細三角形を上放れる形となりました。2007年10月11日の史上最高値14198ドルを試す形といえます。
 先週末までのNYダウは、6日続伸で、13895ドルと2007年10月以来5年3ヶ月ぶりの高値で終わりました。経済指標の改善と2012年10~12月期決算で予想を上回る企業が多く、市場心理が好転し急ピッチな上昇が続いています。ただ急ピッチな上昇だけに何か悪材料が出ると一服する可能性もあります。13500~14000ドルのレンジを想定。

(指標)ドル/円

 2008年8月15日のドルの高値110.5円からの下降トレンド(A)の中で、この年の12月18日に87.3円の安値をつけ、直角三角形の保ち合いを形成。この保ち合いを下放れし、2011年10月31日の75.6円まで下落。ここを安値に底値圏でのもみあいとなり、2012年2月1日の76.1円、9月13日の77.1円と順上げの三点底(逆三尊)となって、10月19日に79.4円で買転換出現。ここから自民党の圧倒的勝利と安倍首相のデフレ対策のための金融緩和への期待が高まり、2008年8月15日の110.5円からの下降トレンド(A)を一気に抜け出し、2011年4月6日の85.5円を突破し、1月11日(金)は89円台を回復。
 先週は22日の日銀金融政策決定会合の結果を受けて、目先材料出尽くしから23日(水)には88.1円までの円高進行となり、その後は欧米の経済指標の改善を受けてドルが買われ、25日(金)には急激な円安の動きなりました。
 先週の予測では、1月18日の90.21円を上回れば92円台を目指すとし、下値は87.9円を守れるかどうかとしましたが、23日(水)に88.1円までの円高のあと急激な円安となって90円台半ばまで進行しました。25日(金)には更に円安が進行し一時91.19円までとなりました。先週末にかけては欧米の経済指標の改善を受けてドル買い・ユーロ買いが進み、日銀が金融緩和姿勢を強めるとの見方から円安が急ピッチで進み91円台をつけました。92円は上値抵抗ラインとなるところですので、ここからは利益確定の円買いも膨らみそうですが、国内外の株式市場が堅調であれば更なる円安も想定されます。30日(水)のFRBで想定より早く金融緩和の出口戦略を模索しているとの思惑が広がれば、ドル買いが進んで円売りに勢いがつくことになります。2月1日(金)の米雇用統計も注目です。88~92円の範囲を想定。

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> アメリカ経済は再び復活の兆し・・・柴田罫線の形から将来を読む・・・