相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(2281)プリマハム

 四季報2013年新春号によると、子会社決算期変更の影響で売上高57億円・営業益2億円剥落。食肉は前半の豚肉相場下落で軟調。が、コンビニ向け総菜が好伸。営業益横ばい圏維持。会社増額修正計画は下期消費減退想定し慎重。14年3月期は豚肉単価底入れ。営業増益。
 中期のチャートをみると、2008年11月10日の210円を高値に本格調整入りとなり、2009年11月27日の87円で一旦の底打ち。ここから2010年2月22日の116円まで反発するものの再下落となって、この年の11月2日の80円で再度の底打ちとなり(イレギュラーで東日本大震災の時の3月15日にザラ場で75円まで下落)、その後安値圏で三角保ち合い(B)を形成していました。この煮詰まったところの2011年9月26日の92円を安値に上放れし、昨年2012年4月23日に164円の戻り高値となりました。6月4日の121円まで押し目を入れたあと7月27日の148円まで反発し、中段での三角保ち合い形成となっていましたが、大発会の1月4日に149円で買転換が出現し、三角保ち合いを上放れする形となっています。但し、2008年11月10日の210円からの下降ライン(A)に上値を押さえられていますので、多少時間がかかるかもしれません。

(4403)日油

 四季報2013年新春号によると、機能食品軟調。防錆剤は欧州向け苦戦で弱含み。が、出足もたついた医用関連と燃料が下期挽回。在庫評価減こなし営業益横ばい。災害特損見込まず純益最高。14年3月期は防錆剤や機能食品が復調。
 チャートの動きをみると、2009年8月26日の563円からの下降トレンド(A)の中で、2011年2月1日の453円の高値をつけたあと、東日本大震災で3月15日の278円まで急落。ここから10月3日の409円まで戻したあと、高値を415円、安値を345円とするボックス相場(B)となりました。この中で2012年4月25日の415円、7月25日の415円とダブル天井をつけて10月3日の352円まで下落し、今年の1月4日に396円で買転換出現となっています。
 1年半近いボックス相場となっていますので、415円を突破すれば一段高となる形です。押し目を買って、415円突破を待つことになります。

(6504)富士電機

 四季報2013年新春号によると、古河系で重電5社の一角、富士通の母体。沖縄電力向け案件が寄与、産業インフラは更新需要が上乗せ。自販機改善貢献大きく、ディスク媒体の構造改革効果も。半導体の鈍化こなし営業益続伸。14年3月期は産業インフラ堅調。自販機も寄与。 
 過去2年間のチャートの動きは、2011年2月16日の290円の高値をつけたあと、3月11日の大震災にみまわれ3月15日の166円まで急落し、その後は4月27日の266円まで自律反発するものの円高を嫌気し上昇トレンド(A)を形成しています。
 この上昇トレンド(A)の中で、2012年9月5日の154円、11月13日の151円と2点底となって反発、上値を切り下げる直角三角形(B)の保ち合いとなっていましたが、11月26日に175円で買転換が出現し、保ち合いを上放れして年明けの1月4日には222円と目先の上値抵抗ラインまで上昇し、1月9日に203円まで押し目を入れています。押し目買いの形といえます。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!