安倍政権誕生と東アジア地政学の展開、緒に立つ日本復活

(5) 安倍リフレ政策の意義

そうした場面で登場した安倍政権のリフレ政策の意義は大きい。米国では2008年のリーマン・ショックは、信用は修復され経済活動もショック前に戻り、危機の後遺症は着実に癒されている。バーナンキFRB議長に主導された創造的金融緩和策が、米国を危機から救ったと言えるだろう。しかし米国をはじめ主要国の着実な回復に対して日本の劣後が顕著である。日本株の独り負け、円独歩高、世界唯一のデフレが続く。リーマン・ショック後底値から直近株価の回復度合いは米国2倍の上昇に対して、日本は1割と危機の震源地である米欧をはるかに上回る低迷ぶりである。また円は主要国通貨に対して極端な上昇となった。2007年初比で韓国ウォンは対円で5割、米ドル、ユーロは3割の減価となり、日本製造業の競争力を著しく傷つけている。その要因は円の独歩高に投影される日銀の消極的緩和姿勢にあると思われるが、それがいよいよ大転換する場面である。

超円高、デフレをもたらした根本要因、①米国の地政学的要請、②日銀の円高デフレ容認姿勢が転換すると投資におけるあらゆるセットアップが変化する。2013年以降、Cash is king 心理の根本的廃棄、リスク選好がトレンドとなるだろう。

図表8-9

1 2 3 4

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 安倍政権誕生と東アジア地政学の展開、緒に立つ日本復活