今週は好悪材料にかかわるイベント多く、様子見が基本

(指標)日経平均

 先週の予測では、9500円を巡る攻防を想定し、円安が続けば9600~9700円を目指す可能性もあるが、そうでなければ9500円水準での一進一退の動きを想定しました。
 12月5日(水)までは、終値では9500円を超えられないもみあいとなりましたが、この日は△36の9468円と7ヶ月ぶりの高値更新となりました。6日(木)は、円安方向が強まったことやNYダウの上昇で△76の9545円と9500円台を回復し、週末7日(金)は▼17の9527円となりました。3日連続の高値更新となりましたが上値は重く、結果的には9500円水準でのもみあいの動きのようなものとなっています。7日(金)は9572円まであって9527円で引け、チャートの形からは6月4日の8238円からの短期の上昇トレンド(B)の上値斜線を突破した形となっています。本来ならば9500円を抜けたことで一段高となってもおかしくありませんが、ドル・円の上値も重く、FOMCの金融緩和の可能性もあり、又、選挙結果を控えて様子見という状況です。上値は重いものの、3日連続で年初来高値を更新してきていますが、騰落レシオも120%を超えて過熱感が出ており、今週も9500円水準でのもみあいが続きそうだといえます。
 10日(月)は△57の9684円と高寄りしてスタートするものの、ここがこの日の高値となって上げ幅を縮小し一時マイナスに沈むものの、終値は△6の9533円で引けました。

(指標)NYダウ

 先週の予測では、引き続き「財政の崖」問題に対する要人の発言に一喜一憂する動きが続き、各種の経済指標の発表もあることから一進一退の動きになるとしました。上値は13100ドル台としています。11月29日(木)に13021ドルで短期の買転換が出現しているため戻りを試す可能性があり、その場合は上値のメドを13100ドル台としました。
 週前半は、11月ISM指数の悪化や「財政の崖」問題で軟調な動きでしたが、12月5日(水)は中国の景気刺激策の浮上やオバマ大統領の「財政の崖」問題への楽観的な見方から△82の13034ドルとなりました。週末7日(金)は11月雇用統計の大幅改善を受けて△81の13155ドルと3日続伸し、昨年の10月4日の10404ドルからの上昇トレンドラインの下値斜線に到達しました。13200ドルからは強力な上値抵抗ゾーンとなります。先週末は、目先の上値抵抗ゾーンとなる13155ドルまで上昇し、3日連続の上昇となりましたが、市場環境は一本調子で上昇する明るいムードからは程遠いと思われます。「財政の崖」問題は要人の発言で上下動を繰り返しており、この問題に加え11~12月のFOMCで年末期限切れとなる長期金利を下げるためのツイスト(ねじれ)・オペの延長やQE3の延長・拡大の具体策が出るかどうか注目となります。チャートをみると、10月4日の10404ドルからの上昇トレンドライン(A)にぴったりあたまを押さえられる形となっており、ここを抜けても13245ドルが抵抗ラインとなります。今週は13000ドル水準でのもみあいが基本となります。


 

(指標)ドル/円

 先週の時点では、安倍自民党総裁の繰り返される金融緩和のメッセージも織り込み、円安が更に進むにはNYダウが上昇し、ドル買い・円売りが必要としました。そこで先週はアメリカの経済指標に注目として81.5~83円のレンジを想定しました。
 12月4日(火)は、株式市場は「財政の崖」問題から様子見と米国債利回り低下でドルが売られ、81.72円までの円高となりました。しかし、翌日の5日(水)はオバマ大統領の「財政の崖」問題への楽観的な見方からNYダウが△82の13034ドルと13000ドル台を回復し、ドルが買われて82円台半ばまで上昇しました。週末7日(金)は11月雇用統計の大幅改善を受けてドルが買われ、82.83円まで上昇するものの利益確定売りの円買い・ドル売りができ、82.47円で引けました。今週は、11~12月のFOMCで追加の金融緩和が決定すれば一時的に円高・ドル安となりますが、16日(日)の選挙結果を前に様子見となる可能性があります。今週も81.5~83円のレンジを想定。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は好悪材料にかかわるイベント多く、様子見が基本