ETF - エコな投資のファンクラブ 第20回 不動産セクターETF、年初から40%を超える上昇

相場の押上げを狙う日銀のREIT買入

図表2
 さらに、日本銀行によるREITの買入がこのような相場の自律的回復を力強く後押ししています。[図表2]は日銀によるREIT買入と東証REIT指数の推移を示したものです。日銀は、昨年3月の東日本大震災直後や夏から秋にかけての時期など相場下落局面で大量のREITを買い入れていますが、今年に入ってからは上昇局面での買入が目立ちます。東証REIT指数は、日銀が「中長期的な物価安定の目途」を明示した2月14日のいわゆる「バレンタイン・プレゼント」から日経平均株価が年初来高値を付けた3月27日までに14.6%上昇しました。この間、日銀は54億円のREITを買い入れています。下値を支えるだけではなく、相場を積極的に押し上げていこうという意図が窺える動きです。
 最近はREIT市場の上昇基調が続いていますが、日銀は相場の上昇が続く中、10月25日と26日の連日で17億円ずつ、合計34億円のREITを買い入れました。このREIT買入は相場の下支えではなく、明らかに押上げを狙ったものとみることができます。

デフレ脱却の政策により、不動産株の上昇基調は継続か

図表3
 [図表3]は、不動産セクターETFが連動対象とするTOPIX-17不動産指数の過去10年間の推移を示したものです。先週末11月9日の指数値は185.32ポイントで、2009年3月9日に付けた底値の100.31ポイントから2倍近くの水準ですが、500ポイントを超えた2007年前半と比べるとまだ3分の1強の水準に過ぎません。
 日本経済にとって最大の課題であるデフレ脱却を狙って日銀がREIT相場の押上げを図る中、不動産株の上昇基調は当面継続する可能性が高いといえそうです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> ETF - エコな投資のファンクラブ 第20回 不動産セクターETF、年初から40%を超える上昇