財政の崖等難題抱え、迫る米大統領・議会選 ②

財政の崖や再度の債務上限の到来といった諸問題を前に議会が一体感をどこまで高められるかが、今回の議会選の注目点とされています。
米政治サイトRCP(Real Clear Politics)調査による29日時点の予想獲得議席数では、下院選については共和党による過半数議席の獲得がほぼ確実な情勢です。
さて、問題となるのが上院選。こちらはわずかに民主党が優位のあるものの、その差は僅差でかつ第1回の候補者討論会以降は、共和党が予想獲得議席数を伸ばしている現状です。このまま民主党が牙城を守るのか、共和党が上下院の過半数を握り支配体制を整えるのか開票までその動向は混迷を極めそうです。

図2

民主党・共和党、政策上の相違点

では、民主党・共和党でそれぞれが主張する政策にどのような相違があるのでしょうか。それぞれの陣営の中心となるテーマは、民主党が「雇用拡大」、共和党が「財政規律」です。
色分けをすると、民主党が大きな政府を、共和党は小さな政府を標榜していることになります。細かな例を挙げると、景気対策について民主党は政府主導での景気回復を計るのに対し、共和党は民間主導に拠るべきとの主張を展開していますが、これらのスタンスの違いは、前述した米政府が当面に抱える問題(財政の崖・債務上限の到来)に直接関わるため、非常に重要なポイントとなります。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 財政の崖等難題抱え、迫る米大統領・議会選 ②