今週ももみあい続くが、上値重く、下値を試す動きの可能性

(指標)日経平均

 先週の予測としては、前週に日足で「上げの三空」の形となって上昇してきているので、一旦下落して押し目を形成してもいいところですが、下値では日銀の金融緩和期待で下げにくく、9000円近辺で一進一退の動きとなることを想定しました。上値を試す場合は、為替が1ドル=80円を試す場合としました。
 週明け22日(月)は、欧米株式の下落を受けて8874円まで下落するものの、円安に支えられて△8の9010円となり、23日(火)は△3の9014円と1年3ヶ月ぶりの7日続伸となりました。24日(水)は欧米株安を受けて▼59の8954円と9000円を割り込みましたが、24日(木)は為替が1ドル=80円を上回る円安となったことで△100の9055円と大幅反発しました。しかし、週末26日(金)は、日銀の追加緩和もある程度織り込んだものとして▼122の8933円と反落しました。
 今週は、30日の日銀の金融政策決定会合での追加の金融緩和策が発表される予定ですが、「10兆円程度の追加緩和」が先週報道され、それ以上のものが出なければ織り込んでしまった可能性があり、上値は重い展開が考えられます。円安が続かず企業決算の下方修正が続けば、NYダウに連動することになります。欧州株式は3ヶ月以上も高値圏にあり、11月は要注意の月となります。
 週明け29日(月)は小反発で始まりましたが円安一服で上値重く、後場はホンダの決算発表で2013年業績予想を下方修正しマイナス圏に沈み▼3の8929円で引けました。

(指標)NYダウ

 先々週(10月15日)の予測で、NYダウは調整不足であり、上昇幅の1/3押し(13119円)以下の調整がほしいところとし、10月19日に終値で1ドル不足している13343ドルで弱い売転換が出現しました。そのため反発する場合も考えられるが、このまま下げて13250ドルを切ると1/3押し(13119円)を試す動きになると予測しました。
 結局、23日(火)にはグローバル企業の通期業績見通しの引き下げが相次いだことで▼243の13102ドルとなって売転換となり、1/3押しを下回り、6月4日の12305ドルからの上昇トレンド(B)を下に切ってきました。その後は13000ドルを前にもみあいとなり、週末26日(金)は△3の13107ドルで引けました。
 先週で決算はピークを越したものの、まだ多数の決算予定があり、今週は月末・月初めとなることで経済指標が相次ぎ、NYダウが13000ドル(より確実には9月4日の12977ドル)を守れるかどうかが焦点となります。特に、11月2日(金)の10月雇用統計の悪化や企業業績の悪化が続けば相場が下押しされる可能性が高まります。


 

(指標)ドル/円

 先週の予測としては、10月18日(木)に1ドル=79.27円となって短期下降トレンド(A)を上放れしたことで、8月20日の79.66円を突破すると80円を試すとしました。結局、10月30日(火)の日銀の金融緩和への期待から円売りが促進し、週明け一時80円をつけて80円の手前でもみあっていましたが、10月25日(木)に、日銀による地価の金融緩和(国債などの資金買い入れ基金の規模を10兆円積み増す)の報道で、80.34円まで円が売られました。しかし、週末26日(金)は、米国債の利回り低下でドル売りとなり、79.65円で引けました。
 今週は、10月30日(火)の日銀の金融緩和策の内容が、先週報道された国債などの買い入れ基金の10兆円増額程度ならば材料織り込みでそれ以上の円安は続かず、続くとすれば10月の米雇用統計が改善されてドルが買われる場合だといえます。チャートでは、先週の25日(木)に80.34円と上値抵抗ラインの80.44円に接近して、週末には79.65円とドルの売転換となっています。このまま大きく下がらずドルが買われて25日(木)の80.34円を上回れば、再びドルの買転換となって6月25日の80.616円を試す動きとなります。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週ももみあい続くが、上値重く、下値を試す動きの可能性