[ミャンマー産業予測の基礎知識]繊維貿易は成長産業か

2、ミャンマーの衣類輸出の実情

 ミャンマーの製造業と言えば、現状、目ぼしいのは「縫製業」だけである。しかも、その発展段階は低い。ミャンマーの輸出産業は資源依存型である。表1に示すように、輸出額の4割近くを天然ガスが占めている。次いで農産品の豆類、そして水産物、木材と第1次産業の輸出が多い。製造業としては縫製品のみがランキングされており、総輸出額のわずか5%である。

表1 ミャンマーの貿易

 東アジア諸国の衣類輸出の動向を見ると、中国が圧倒的に多い。中国の衣類輸出額は1433億ドルに達し(2011年)、上位10か国の73%を占める(表2参照)。次いでバングラデシュ、ベトナムと続くが、中国との格差は大きい。ミャンマーに至っては、衣類輸出額は中国の173分の1に過ぎない。バングラデシュと比較しても、22分の1である。世界で見れば、取るに足らない存在である。主力産業の縫製業がその程度の事であるから、ミャンマーの現状の製造業は未発達といえよう。

表2 東アジア諸国の衣類輸出

 衣料産業では、中国の強さが傑出している。表3に示すように、日本の衣類輸入の8割は中国からである。米国も、繊維産業に比較優位のある中南米諸国が身近に存在するにもかかわらず、衣類輸入の4割近くを中国に依存している。

表3 各国の衣類の主な輸入先

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> [ミャンマー産業予測の基礎知識]繊維貿易は成長産業か