財政の崖等難題抱え、迫る米大統領・議会選 ①

崖転落、回避のカギはねじれの解消

「財政の崖」への転落を回避するには、上記の減税措置及び自動債務削減措置の延長や見直しを計る法案を議会で可決する必要があります。各減税措置の失効期限及び自動債務削減措置の開始期限が年末か年始に集まるなか、米議会は速やかに多くの重要法案を通す必要にかられます(特に、年明け開始の新議会)。そのためには、現在のねじれ状態が解消されることが望ましく、この点が今回の米大統領・議会選の焦点となります。

米大統領・議会選展望

 現在、米国はオバマ大統領(民主党)以下、上院過半数を民主党が、下院過半数を共和党が占め、立法府がねじれ状態となっています。9月末までは、現行の体制に大きな変化は現れないというのがコンセンサスとなっていました。しかし、10月3日に行われた第一回目の候補者討論会で、この流れに変化が現れています。同討論会では、共和党ロムニー候補が民主党オバマ大統領を圧倒、討論会を機に急速に支持率を伸ばしています。
米政治サイトRCP(Real Clear Politics)による最新の世論調査(下表、10/8時点)によるとロムニー候補が支持率でオバマ大統領を逆転しました。

同サイトの得票率予測では、依然としてオバマ大統領有利ではあるものの、今後の展開次第では逆転も十分にあり得る状況です。一方で下院の獲得議席数の予測でも、現在は民主党優位であるものの、共和党が肉薄しています。今後予定される討論会(16日:第二回/タウンミーティング、22日:第三回/外交・安保保障について)を経てこの状況がどのように変化するのか注意が必要でしょう。
図3

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 財政の崖等難題抱え、迫る米大統領・議会選 ①