第22回 ストキャスその3、『ストキャスの大黒柱、%Kを極める!』

2.ストキャスの計算式とパラメーター

□まずは、計算式をもう一度紹介する。

◆ %K =(C-Ln)/(Hn-Ln)× 100

◆ %D = A/B × 100
A=(当日終値-n日間の最安値)のY日間合計。
B=(n日間の最高値-n日間の最安値)のY日間合計。

◆ Slow%D = %DのZ日平均 

※ C : 当日終値
※ Hn: 当日を含めた過去n日間の最高値
  Ln: 当日を含めた過去n日間の最安値
※ nは通常9日が初期設定(デフォルト)されていることが多い。
  Yは通常3を使う。
  Zは通常3を使う。

■うーん、何回見ても難しい。これ見ただけで分かる人いるんですかね。

□いるとも。さて、上記数値の中でn、Y、Zがパラメーターに当たる。ただ、このうちYとZはほとんど3が使われる。これはよっぽどのことがない限り変更する必要のないパラメーターと思っていい。

□そしてnだが、これは移動平均と同じように自分で調整しなければいけない数値。

■そうなんですね。

nにはデフォルト(初期設定)では9という数値が入ってるケースが多い。自分が使うチャートシステムでデフォルトの数値を調べてほしい。この9という数値、これでいいかというと、いまいち。前回までストキャスの分析では、なかなかいい結果が出ないで、はらはらしたと思うが、それはこのnというパラメーターの設定に問題のひとつがあった。

■難しい。パラメーターを調整しなけりゃいけないんですね。一般投資家には無理かも。

□だから、計算式の理解が必要なのだ。最初からあきらめないで。

■よぉし、ネバーギブアップ!

□その意気。話を続ける。
ではいよいよ、計算式の解説。

■どうぞ。

3.%Kとは?

□まずは%K。
なんと言ってもストキャスで主役は%Kだ。いつの間にかストキャスがスロー・ストキャスに変わり、そのために%D、Slow%D(以下S%D)が主役と思われがちだが、あくまで主役であり大黒柱は%K。

■そうなんですか?

□そうとも。%Kに関しては前回こういう説明をした。「%Kは現在の価格の位置の相対的水準を示す。」と。

■確かに。まだ前回ですから、覚えてますよ。かろうじて。

□かろうじてかよ!(汗;)
本来「n日間の」という説明をしなければいけないが、そういう授業のような説明はわかりにくい。先ほど説明したように、nには9を使われることがよくあるので、わかりやすく「9日間」で説明するぞ。

■了解!

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第22回 ストキャスその3、『ストキャスの大黒柱、%Kを極める!』