8月、売買代金増加が目立った貴金属関連ETFと食品ETF

堅調な内需関連株⇒食品ETF

8月のETF市場において、もうひとつ注目すべき点がありました。8月は、内需関連株が堅調に推移していましたが、そのような場合には、内需関連のETFも反応します。東証一部銘柄を17つの業種に分けた指数であるTOPIX-17シリーズのうち「TOPIX-17(食品)」指数が8月に年初来高値を更新していました。この指数への連動を目指して運用されている「NEXT FUNDS 食品(TOPIX-17)上場投信」(コード:1617)も大きく買われ、売買代金増加率ランキング2位にランクインしていました。

商品相場や業種の動きを投資対象にできる

以上のように、月刊ETF/ETNレポートのデータから、商品相場に動きがあれば商品関連のETFに、特定業種に動きがあれば業種別ETFに、それぞれ反応があったことが読み取れます。つまり、株式だけでなく、ETFを使って商品や業種に着目した投資を実践している方がたくさんいらっしゃるということでしょう。
これまで、そのような投資方法をご存知なかった方、たまには商品関連のETFや業種別ETFの活用もご検討ください。

なお、東証の月刊ETF/ETNレポートは毎月初旬に以下のページに掲載しています。
▽ランキング・データ
http://www.tse.or.jp/rules/etf/data.html

東証ETF/ETNのラインナップ


みんなのETF

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> 8月、売買代金増加が目立った貴金属関連ETFと食品ETF