【スペイン支援はどうなる】ドラギECB総裁は欧州を救いユーロは上昇基調へ戻れるのか

次に今回のECB国債再購入のガイドラインには欧州救済基金による国債買いれを含めて弁済順位については「投資家の懸念に配慮する」としか示していません。ECBには、国債を購入したとしても優先的に弁済を受けるという民間投資家よりも優位なステータスがあります。ECBがスペインなどの国債を購入すると、一般の民間投資家の購入するスペイン国債はECB保有国債に劣後してしまうことになります。ECBなどによる国債再購入が実施された後、金融機関などの民間投資家による安定的な購入が持続しなければスペインなど重債務国の利回りは、資金調達コストを軽減できるほど低下しない可能性もあります。

またドラギ総裁は国債市場のイールドカーブ(期間が異なる長短の利回り格差)の短期ゾーンが中心になると言っています。すなわち2年国債などを中心とした短期債買い入れが主体になり、中長期債買い入れは欧州救済基金が主に受持つ事になりそうです。実施後の状況を待って確認が必要と思われますが、想定的には現状以上に投資家のセンチメントに欧州金融市場が一段と左右されやすい状態になりそうです。欧州救済基金の買い入れは中長期債が主体となり、救済基金の資金規模や即応性には疑問な点があり、買入れ効果を確認するには相当な時間経過が必要になりそうです。国債買い入れ対象国は資金調達コストを軽減した国債発行は短期債が中心になり、民間金融機関の投資家は償還状況に注意を払い、リスクプレミアムを求める傾向が強まりそうです。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 【スペイン支援はどうなる】ドラギECB総裁は欧州を救いユーロは上昇基調へ戻れるのか