【米雇用統計】QE3への試金石は、NFP民間増減に注目。ジャクソンホールへ繋がるか?

 翻って、2012年これまでの雇用データは2010年の傾向に酷似しております。雇用情勢の面からQEの可能性を探るならNFP民間雇用者が前月分(8.4万人)を下回るか否かが重要なポイントとなりそうです。
 ちなみに、今年のジャクソンホール・シンポジウムにおけるバーナンキ議長の講演は8月31日に予定されています。シンポジウムのタイトルは「The changing policy landscape(変化する政策状況)となっているようです。

 尚、2010年・2011年それぞれのバーナンキ議長の講演題目は「The Economic Outlook and Monetary Policy」(経済見通しと金融政策)、「Near-and Long-Term Prospects for the U.S. Economy」(米経済の短期・長期的見通し)で、QE実施時の2010年では題目に金融政策の文字が含まれていたました。
今年の講演題目がどのようなものになるかにも要注目です。
 
最後に7月雇用統計の見通しです。下表はここまでに出された主な雇用関連指数の結果です。前月分との比較で悪化しているものが目立つことを踏まえると、7月分の各数値は6月分からは弱含む可能性が高そうです。

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 【米雇用統計】QE3への試金石は、NFP民間増減に注目。ジャクソンホールへ繋がるか?