第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編=  ダイバージェンシー!

3.ダイバージェンシーの応用

□ダイバージェンシーはオシレーター系の指標(ストキャス・RSI等)でほぼ共通して使えると思っていい。次に応用編をお話しよう。

価格が大きく上昇しているが、オシレーター系指標は横ばい或いは小幅上昇。価格が大きく下落しているが、オシレーター系指標は横ばいあるいは小幅下落。これはダイバージェンシーとは呼ばないが、これまたひとつの予兆であることは間違いない。

【ダイバージェンシーの応用】
・上昇トレンド時
価格が大きく上昇しているが、オシレーター系指標は横ばい或いは小幅上昇。
・下降トレンド時
価格が大きく下落しているが、オシレーター系指標は横ばいあるいは小幅下落。
これもトレンド転換の予兆のひとつ。

■「なるほど。」

□そして、やはり騙しはあるので注意しなければならない。

■「どのように注意をすればいいのですか?」

□仕掛けるときには、損切りラインをきちんと設定して仕掛けること。これが鉄則。ダイバージェンシーのサインは時に早すぎるというケースがよくある。損切りラインを設定せずに仕掛けると痛い目に会う。

□ちなみに騙しの後にさらにダイバージェンシーが起こった場合は、前回より確実なサインとなる。

■「質問です。テクニカル指標MACDにはMACDとシグナルという二つの線がありますが、どちらで見るといいのですか?」

□ナイス質問!状況において使い分けるというのが正しい答えになる。

・MACDではサインがたくさん出るが、騙しが多い。シグナルではサインの出は少ないが騙しが少ない。
・MACDではサインが早く出るが、騙しが多い。シグナルではサインの出は遅いが騙しが少ない。

という特徴がある。自分がどういうトレードをするかに応じて使い分ける。

【ダイバージェンシーにどちらを使うか?】
・MACDではサインがたくさん出るが、騙しが多い。シグナルではサインの出は少ないが騙しが少ない。
・MACDではサインが早く出るが、騙しが多い。シグナルではサインの出は遅いが騙しが少ない。

■「そう言われるとかえって難しい。」

□じゃあ、一般的にと前提をつけて、シグナルで見る方をお薦めする。

■「了解!」

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編=  ダイバージェンシー!