第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編=  ダイバージェンシー!

2.ダイバージェンシーに注目集まる!

□近年、トップトレーダーの間で非常に注目されていて、オシレーター系分析の中でも非常に有効な指標と言われている。心して聞くように。

■「アイアイサー。」

トレンド系の指標には、残念ながら
・シグナルが出るのが遅い。
・そのため、トレンドの一部しかとれない
という欠点があった。

それに対しオシレーター系指標は
・上昇トレンド(下降トレンド)において、そのほとんどを取ることが出来る。
という可能性を持つ。

■「なるほど。」

□しかし、前もっての仕掛けになるので、早すぎて失敗というケースも多い。そして一般的に、もみ合い時には有効だがトレンド発生時には騙しとなるケースが多い。

例えば70以上で売りとか、30以下で買いとかいうオシレーター系指標の代表的サインが有効なのはもみあい期のみ。トレンド発生時にその指標で売買するととんでもない結果になる。

■「ですね。」

□ところがこのダイバージェンシーはトレンドの変化を先読みすることが出来るので、大きなトレンドを取ることが出来る。

■「それは凄い。」

□では、ダイバージェンシーの例をいくつか見てみよう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編=  ダイバージェンシー!