義捐金セミナー『未来を創る子供たちの為に いまできることを』開催

未曽有の被害をもたらした東日本大震災から1年余り。日本社会はお互いを助け合う“絆”を再確認し、復興と経済再生へ向けて歩みを始めています。そんな中、「震災復興支援のために応援したい」という志を共にする証券・金融界の4人のオピニオン・リーダーが結集し、「震災復興支援・日本復活と投資を語る義捐金セミナー『未来を創る子供たちの為にいま出来ることを』」(主催=株式会社トリアス、ビグダグ、株式会社みんかぶ、株式会社武者リサーチ)を開催しました。
 会場の東京国立博物館・平成館大講堂には400名を超える一般投資家の皆さんが集まり、募金に協力するとともに、日本復興のためのメッセージを発信するオピニオン・リーダー達の熱弁に耳を傾けていました。今回の巻頭特集では、この義捐金セミナー当日の模様をレポートします!!

当代一流の講師陣と復興支援の志
会場には超満員の投資家が参集

 この「震災復興支援・日本復活と投資を語る義捐金セミナー『未来を創る子供たちの為にいま出来ることを』」が開催されたのは5月13日の日曜日。場所は上野恩賜公園の一角に位置する東京国立博物館の平成大講堂です。
 昨年も開催され、140人を超える有志の投資家の皆さんがお集まりになったそうですが、今年はどうでしょう? 僕自身、慌ただしい毎日を過ごす中で、あの日の記憶も徐々に薄れていることを感じます。1年以上経過して開催されるこの震災復興支援のイベントに、投資家の皆さんは反応してくれるのでしょうか?
 ちなみにこのイベントの発起人である武者陵司さんは、真の震災復興は「単に現状を取り戻すにとどまらず、むしろ東日本の地に日本経済復活・再生のモデルをつくる運動」であると述べています。そして今回の義捐金は、震災で親を失った子供たちへの支援に回されるとのこと。
 復興支援と日本の将来を担う子供たちへの支援。この志に共感した鈴木行生さん、髙松一郎さん。そして子供や孫の世代の為に今、行動するのは大人の責任だと語る澤上篤人さん。
 今回のイベントをリードするオピニオン・リーダーの皆さんは、それぞれご自身のホームページなどを通して、自らこのイベントを積極的にPRされていました。
 そうした思いが伝わってか、蓋を開けてみたら、今年のイベントは予想以上の大盛況。会場には定員の400人をはるかに超える投資家の皆さんが集まりました。
 武者陵司さんの主催者挨拶、「東日本大震災こども未来基金」代表の高成田享氏の謝辞に続き、聴衆の期待が高まったところでこの日の講演のトップ・バッター、「さわかみ投信」で有名な澤上篤人さんの登場です。

カブさまの前講釈
このセミナーの意義について

 この復興支援セミナーは武者陵司さんが発起人となり昨年も開催された。「必ずニッポンは立ち直り、世界に復権する」というテーマを打ち出した昨年は約140人の参加者から43万5000円の義捐金が集まったそうぢゃが、証券界、金融界が被災者支援のためにできることをやろう、という開催趣旨が評価され、大変好評ぢゃった。
 そして今回のセミナーは昨年に引き続いての2回目の開催となる。震災から1年を過ぎ、多くの人々の生活も元に戻ったが、実は被災地の復興はまだまだこれから本格化するという段階ぢゃ。
 ともすれば当事者以外の記憶が風化してしまうところに、こうした催しが行われるのは非常に意義のあるところぢゃろう。
 特に今回は、「東日本大震災こども未来基金(NPO法人)」を通して、震災で親を亡くした子供たちが安心して学習を続けられるように支援することが目的なのぢゃから、意義は明確ぢゃ。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 今月の特集> 義捐金セミナー『未来を創る子供たちの為に いまできることを』開催