【サクソのチャート塾】Lesson5:ピボット

ピボットの応用

買いから入ったケースで、Support1に価格がタッチしたらそれは売買サインとみなすことができます。しかしもしここで買った後に、さらに下に抜けたりした場合には、どうしたらいいのでしょうか。

そのような時は、まずSupport2まで我慢しましょう。確率的にはSupport2近辺で反発する可能性が高いので、買い増すことが選択肢に入ってきます。ただしもう1つの判断としては、Support1を下抜けた時点で買っていた分を売り、売買を決済させましょう。

手仕舞いするかさらに買い増すかの判断は難しいところですが、その銘柄の過去の値動きや、他のテクニカル分析と併用して、その後の価格の推移を予測すると良いでしょう。

予測が立たないような時は、損失を広げないためにも、いったん決済してしまうことをおすすめします。

 

1 2

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 【サクソのチャート塾】Lesson5:ピボット