第10回Jリート取材レポート

【Jリート全般について】

7.個人投資家にとってJリートの銘柄選択に役立つ経済指標や参考数値の見方等があれば教えてください。(「このような指標を見てJリートの魅力を分かってもらいたい」「この指標の意味するところは、実はこのようなところにあることを分かってもらいたい」など)

本投資法人はホテルを投資対象としており、ホテルのパフォーマンスの動向が非常に重要と考えております。しかしながら、ホテルのパフォーマンスの動向に関しては情報開示があまり進んでいないのが現状です。そのなかで、本投資法人は積極的にホテルのパフォーマンスの開示を進めており、変動賃料を導入しているホテルに関しては、月次では各ホテルの売上、客室販売単価、稼働率などを開示し、決算時には、これらの開示項目に加え、各ホテルの部門別売上、営業利益を開示しております。これらの数値を参考に投資判断をしていただければと思います。

8.Jリートの普及が伸び悩んでいる(個人投資家のうちJリートの仕組み等を理解している割合は3年続けて30%程度にとどまっているとの調査結果があります)要因は何だと思いますか?

Jリートは制度ができて10年程度と歴史が浅いこともあり、Jリート自体の認知度が低く、Jリートの持つ本来の魅力が投資家の皆様に伝わりにくく、投資家層の厚みが少ないことが大きな要因と思われます。

9.Jリートの普及を図るためには、どの業界の協力が不可欠ですか?また、その理由(例:証券、銀行、ネット証券、マスコミなど)

Jリートの認知度の向上のためには、証券会社などの金融機関や新聞、雑誌などの媒体との連携・協力が必要と考えます。また、各投資法人として、わかりやすいIR、セミナーなどを継続して実施することも重要と考えております。

10.不動産証券化全体の市場規模が22兆円といわれる中、現在のJリートの時価総額合計は3.5兆円程度ですが、今後のJリート市場の見通しはいかがですか?(運用資産規模、社数、認知度など)

Jリートの理解度、認知度の向上による投資家層の拡大、また諸外国のリートの成功事例をもとにJリートに関わる制度の整備・見直しが進めば、Jリート市場は更なる成長が見込まれるものと考えております。

【不動産業界について】

11.Jリート(不動産投資信託)ではなく、不動産投資(投資物件、マイホームなど)の魅力とリスクについて教えてください。併せてJリートである場合にその魅力とリスクはどう変化するか、教えてください。

不動産投資は高いレバレッジ、節税効果などのメリットがあると考えられますが、投資金額が高い、換金性・流動性が低い、リスクの分散が難しいなどの問題点があると考えております。一方、Jリートに関しては少額投資、換金性・流動性の高さ、専門家による運用のため専門知識が不要、リスクの分散などのメリットがあると考えております。

12.今後の不動産市況の見通しについて

東日本大震災で影響を受けたホテルの収益は回復傾向にあり、この状況を受け徐々にホテルの売買が進んでいくものとみております。しかしながら、ホテルの売買市場は二極化が進んでおり、希少性の高い優良なホテルは人気が高く価格下落も限定的な傾向にあると見ています。本投資法人では、希少性の高い優良なホテルを投資対象として外部成長を実現していきます。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> ETF/REIT> 第10回Jリート取材レポート