第4回、トレンドラインとチャネルライン、その2

トレンドの初期・中期にこの現象が起こった時には大相場につながりやすい。但し、トレンドの終盤にトレンドの加速が起こった場合は、天井(或いは底)が近いというシグナルでもある。そして特に上昇トレンドでは、加速した相場は天井を付けた後に暴落しやすいので注意が必要だ。

【チャネルラインのブレイク】
・トレンドの初期・中期:大相場につながりやすい。
・トレンドの終盤:天井(或いは底)が近いというシグナル。
・上昇トレンドにおいて加速した相場は天井を付けた後に暴落しやすい。

□さて、続いて価格がチャネルラインまで届かなくなったとき、ここもポイントだ。

■「たとえて言うなら、シャネルのバックが欲しいのだけど、あまりに高くて手が届かなくなったらどうすると・・・そういうことですね?」

□全然違う。シャネルから離れろ。

で、何故、チャネルラインを引くかだが・・・・。これまたトレンドの変化を素早く察知するためなのじゃよ。そのキーポイントは「未達成」じゃ。

■「未達成!?」

□ちょっと難しいかな。この図を見てごらん。この部分が未達成。これで何がわかるか?

■「わかりません。」
□トレンドに勢いがなくなっているということがわかる。ということは・・・。

■「わかりました。それがトレンド終了のオーメンになるわけですね?」

□オーメン?

■「予兆ですよ。予兆のことをオーメンって言うんです。ちょっと講師を習って横文字使ってみました。」

□アーメンか、オーメンか知らないが、わざわざそんな怖い言葉使う必要ない。但し、トレンド終了の予兆というのは正しい。

トレンド破綻の予兆は三段階ある。

【トレンド破綻の予兆】
その1、チャネルラインを未達成。
その2、トレンドラインを割り込む。
その3、(上昇トレンド時)前回の安値を下回る。(下降トレンド時)前回の高値を上回る。

□その3でトレンドが完全に終了したことになる。何故なら、例えば上昇トレンドとは高値の切り上げ、安値の切り上げが継続している状態を言うからじゃ。

しかし、その前にトレンド終了の予兆が二回もあるのだよ。その予兆でトレンドの終了そして新たな逆トレンドの発生の初動を察知することが出来れば、それは大きなアドバンテージになる。

■なるほど、勉強になります。ところで講師・・・。

□なんじゃ。

■さっきからお腹がグーグーと。これは本日の講座終了の予兆かと。・・・ラーメン食べにいきましょう。ラーメン。

□・・・・・行かないから。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 外為・海外市場・先物> 第4回、トレンドラインとチャネルライン、その2