27万人の投資家が登録するソーシャルメディア「みんかぶ」潜入!

この人が「みんなの株式」の仕掛け人です!!

株式会社マスチューン 代表取締役
瓜生 憲
うりゅう・けん
1974年、福岡県生まれ。97年株式会社NTTドコモ入社、2000年よりメリルリンチ日本証券株式会社、03年よりゴールドマン・サックス証券株式会社に勤務。06年に株式会社マスチューンを設立、代表取締役に就任。趣味はレゴ、映画鑑賞、テニス。

そもそもなんでこのサイトを立ち上げようと考えたのですか?

はい、私は以前、証券会社でアナリストの仕事をしていたのですが、アナリストの仕事と言えば、大口の機関投資家に向けて情報を提供したり、助言したりすることが大半です。企業分析のプロであるアナリストはいろいろな専門家とディスカッションしたり各方面に取材をしたりして情報を集めますが、そうした質の高い情報は、機関投資家の耳には入っても、個人投資家の皆さんには充分には届いていないのではないかと感じていたのです。
当時は折しも、堀江貴文さんがニッポン放送株を大量取得して世間を騒がせていた頃で、一連の騒動を見ていて、多くの個人投資家が誤った情報に振り回されているのではないかと思っていました。
株価を形成する要素はファンダメンタル(会社業績等、経済の基礎的条件)とテクニカル(実売買における需給)が主たるもので、機関投資家にはこれらを分析し精査する場が与えられています。だから誤った情報に踊らされずに済むのですが、わが国の証券市場の3割超を構成する個人投資家にはそうした機会が皆無に近かったんです。
だから、多くの個人投資家が集まり、投資家同士で情報を共有(交換)できるような“場”が必要だと強く思ったのです。

それでソーシャルメディアを思いついたんですね。

そうですね。設立当初は日本でもmixiが脚光を集め始めていて、この形態なら、個人の集合知を集めたサイトができるのではないかと考えました。
株取引は基本的にはハイリスク・ハイリターンの世界です。だからこそリスク・ヘッジが必要不可欠だし、そのために分散投資も大切になってくる。プロのアナリストならそうした原理は分かっているし、その報告を受けて、機関投資家も投資委員会を設置したりして、ポートフォリオの組成に力を入れています。
でも、全国に散在している個人投資家の意見を集約するような場をつくり、個人投資家同士のコミュニティーによって気軽に意見交換をするような仕組みができれば、個人でも結果的にプロに劣らないような幅広い情報が集めるようになるのではないかと考えたのです。

なるほど~。
現在、登録会員は26万人を超えているそうですが、
わずか4年でここまで成長するには、人には言えない苦労もあったのではないですか?

う~ん、そうですねえ。この4年間で創業者としてビジネスの大変さが身に染みて分かりましたね。これはビジネス上というよりは外的な要因ですが、例えば、サービスを開始した次の年にリーマン・ショックがあって市場が一気に冷え込んだり、今回の大震災もそうですが、100年に1度と言われるような予想もしなかったような出来事が4年間で次々に起こる(苦笑)。
ただ、「みんなの株式」設立前の仮説は当たっていたのではないかと思います。一例を挙げれば現在、「みんなの株式」で公開している「みんかぶポートフォリオ」は会員26万人の“集合知”なんです。こういうものは世界中どこを探してもここにしかない。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 今月の特集> 27万人の投資家が登録するソーシャルメディア「みんかぶ」潜入!