今週も、NYダウに連動して、大きな上下動で下値模索も

先週は、NYダウの大きな上下動に連動し、一時▼1603円の21078円まで下落

 先週の予測では、アメリカ株式をみながら、日経平均は下値模索の動きとし、本格調整となった場合の単純なシナリオを想定しました。それは、トランプ相場がスタートとした2016年11月4日の17883ドルから今年の1月26日の史上最高値26616ドルが当面のピークとなる場合は、上昇幅の1/3押しの23705ドルを目安とするとしました。

 その場合、日経平均は2016年11月9日の16111円から今年の1月23日の昨年来高値24129円までの上昇幅の1/3押しの21457円水準になるとしました。

 結果的に、2月5日(月)は、アメリカの長期金利の上昇が止まらず、NYダウは急落となり▼1175ドルの24345ドルとなったことで、これを受けて6日(火)の日経平均は、一時▼1603円の21078円まで下げ、終値は▼1071円の21610円となりました。想定したシナリオが翌日に実現してしまいました。そこで臨時のメッセージとして「この暴落はどこで止まるか」を出しました。

 そこで、NYダウ次第であるが、最初のシナリオが1/3押しだったので、次は38.2%押しと1/2押しを想定すればよいとしました。

【NYダウ】
2016年11月4日 → 2018年1月26日
  17883ドル → 26616ドル
1/3押し   38.2%    1/2押し   直近安値
23705ドル 23280ドル 22250ドル 2月8日23849ドル

【日経平均】
2016年11月9日 → 2018年1月23日
   16111円 → 24129円
1/3押し   38.2%    1/2押し   直近安値
21457円  21067円  20120円  2月6日21078円

 先週の2月6日(火)以降の動きは、NYダウは自律反発から△567ドルの24912ドルと反発するも、7日(水)は▼19ドルの小幅反落し、8日(木)は長期金利の上昇が止まらずNYダウは先週、2度目の1000ドルを超す下げとなり、23849ドルまであって▼1032ドルの23860ドルで引けました。日経平均もNYダウに連動する形で、7日(水)の前場は、一時△743円の22353円まで上昇するものの、後場は上げ幅を一気に縮小し、△35円の21645円となりました。

 8日(木)は、△245円の21890円と続伸しました。しかし、前日のNYダウが再び急落したことで、9日(金)は、一時▼771円の21119円まで下げ、終値は▼505円の21382円となりました。NYダウは、上げ幅の1/3押しの23705ドルにあと少しの23849ドルまで下げています。日経平均は、丁度、38.2%押しの21067円にほぼ接近する21078円まで下げました。

 9日(金)のアメリカ市場は、荒い動きとなりました。一時500ドルをこえる23360ドルまで下げたあと、上昇に転じて一時△521ドルの24382ドルまで上昇し、終値は△330ドルの24190ドルで引けました。1日の値幅は1021ドルでした。シカゴの日経先物も大きく乱高下し、NYダウに連動し20525円まで下げ、そこから21240円と715円戻して引けました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週も、NYダウに連動して、大きな上下動で下値模索も