続・中国が労働力を輸入する日-フィリピン人家政婦20万人在留-

 中国はすでに外国人労働力を輸入している。フィリピン人家政婦が20万人も中国本土に在留している。まだ不法滞在の状態だが、フィリピン政府と中国政府の話し合いが始まっている。中国の経済社会は新しい段階に入り始めたようだ。
 

1、フィリピン人家政婦すでに20万人在留

 先に拙稿「中国が労働力を輸入する日-Xデーは2020年代前半-」を発表したが(1月29日)、その翌日、日経新聞に上海にフィリピン人家政婦が多数就業しているとの記事があった(1月30日付け朝刊)。知人友人に頼んで中国現地におけるフィリピン人家政婦の情報を集めて驚いた。

 上海で、ネット上で検索すると、フィリピン人家政婦の記事が溢れている。フィリピン人家政婦の仲介業者が沢山いて、「契約成立率100%」を謳ったスマホ上のアプリもある。また、中国のSNS「百度」やGoogleにも、フィリピン人家政婦の話題が無数に出ている。外国人が家政婦として働くのは非合法であるが、もはや公然の秘密だ。これらの記事によると、

 中国では、深圳(セン)、アモイ、上海などに約20万人のフィリピン人家政婦が在留している。観光ビザで入国して不法滞在の就業である。月収は7500~8500元(13~15万円)とかなり高い。家政婦の仲介業者が数多く存在し、月収の5ヶ月分、3~5万元(50~85万円)という高い仲介料を取っている。

 香港には早くからフィリピン人家政婦がいて(1970年代から乳母不足を解決するため公式認可)、その数33万人と言われるが、そこから上海など中国本土に移ってくる人たちもいる。香港より上海の方がはるかに待遇がよいとのこと(香港は月収4000元くらい)。

 ただし、上海のフィリピン人家政婦は不法滞在の就労であるから、当然、リスクはあるようだ。ブラック仲介業者の存在。市場に需要があるので、ビザ規制が緩和され就労が合法化されれば、フィリピン人家政婦は殺到するとみられている。

 90年代、北京を訪問した際、家政婦は山東省出身が多いと聞いた。当時、山東省は貧しい地域だったのである。最近は、安徽省の家政婦が質の高さで有名で、北京や上海に派遣されているようだ。安徽省に大量にいるので、外国からの出稼ぎ労働者は要らないとの見方もあるようだが、実際には大量に入国している。安徽省の家政婦とフィリピン人が競争しており、フィリピン人が競争に勝っている状況だ。フィリピン人家政婦はプロフェッショナルな技量を持ち、加えて英語力があるのが強みであろう。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> 続・中国が労働力を輸入する日-フィリピン人家政婦20万人在留-