今週は、アメリカ市場次第で大きな調整の可能性も

先週は、9日(木)に一時23382円と23000円台まで急騰後、22522円まで急落という荒い動き

 先週の予測では、前週末のアメリカ市場では株式3指標の最高値更新が続いており、シカゴの日経先物が22605円で終わっているため、1996年6月26日の22750円(バブル崩壊後の戻り高値)が目先の上値ポイントとしました。弱い材料としてはトランプ大統領のアジア歴訪での日米首脳会談で貿易不均衡の是正を求められることや北朝鮮の挑発による地政学的リスクが考えられるとしました。

 結果的には、7日(水)に、為替とセットで先物買いを仕掛けた動きが起こり△389円の22937円と一気に注目ポイントの22750円を突破しました。翌日、一服したあと9日(木)は、前場は先物主導で上げ幅を拡大し、△468円の23382円と大幅反発となりましたが、後場は急落して▼390円の22522円まで下げ、▼45円の22868円で引けました。日中幅では高値から安値までの下げは▼859円となります。週末の10日(金)は、アメリカ株安を受け▼187円の22681円と続落して引けました。

 3連休明けの6日(月)は、アメリカ株高の流れを受けて買い先行で始まり、一時△105円の22644円まで上昇するものの、後場には利益確定売りで逆に▼103円の22435円まで下げ、終値は△9円の22548円でした。7日(火)になると、前日のアメリカ市場で3指標そろって最高値更新が続いていることで日本市場には外国人投資家の現物買いも大量に入り、さらに為替とセットで先物買い仕掛けが入って急騰し、△389円の22937円となって、目先の上値ポイントとしていた1996年6月26日の22750円をクリアーしました。この時点では、次の上値ポイントは23000円の心理的抵抗ラインとし、その上は1992年1月9日の23113円がありました。8日(水)に▼23円の22913円と一服したあとの9日(木)の前場は、前日のアメリカ株式の3指標そろっての最高値更新を受けて買い先行となり、為替も114円台前半となったことで、先物主導で上げ幅を拡大し、△468円の23382円をつけました。後場になると一変し、翌日の11月限オプションSQ算出を控え、売り方の買い戻しが前場で一巡したうえに、買い方の利益確定売りも重なって反落となり、▼390円の22522円まで下げました。この時の高値からの下げ幅は▼859円となります。SQの週、特有の荒い動きとなりました。終値では下げ幅を縮小し。▼45円の22868円で引けました。週末の10日(金)は、アメリカ株安と円高を受け、▼187円の22681円でした。11月SQ値は22531円となっており、10日(金)の終値は22681円とSQ値を上回っていますので、まず、SQ値の22531円を守れなければ、目先は22000円水準が下値ポイントとなります。

 10日(金)のNYダウは、共和党上院の税制改革案は、法人税減税の実施時期を2019年に先送りするという、下院の案と異なるものとなったことで年内の法案成立が困難になったとの見方から前日の大幅下げに続き▼39ドルの23422ドルと続落しました。シカゴの日経先物は▼55円の22465円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、アメリカ市場次第で大きな調整の可能性も