『白い ブラックスワン 』の飛翔 ~日本に対する異常悲観の大修正が始まった

【特別企画】コラボセミナーのお知らせ

 

 
お申込み・詳細は> http://www.musha.co.jp/news/detail/59e44fba

――――――――――――――――――――――――――――――――

●史上初の16連騰は白いブラックスワン

 ブラックスワン(あり得ないと思われていることが実際に起きること)は、ダウンサイドのみにあるのではない。誰もが予想しないアップサイドが実際に起きることもあるはずである。一か月前に日経平均株価が16連騰と、日本の高度成長期にもなかった新記録を作るとは(筆者を含めて)誰も想像すらできなかった。WSJ紙はこの連騰が日本記録のみならず世界記録である可能性を述べている(The 15days of consecutive gains appear to be one of the longest stakes on records of any market 10/24日付け )。これは白いブラックスワン(究極のポジティブサプライズ)の飛来といえるのではないか。そして株式が最も正確な近未来経済の物差しであるとすれば、2018年の日本経済に同様の白いブラックスワンが飛翔する可能性を、だれが否定できようか。
 

 
●歴史的連騰記録に向き合おうとしない人々

 あるベテラントレーダーが電話をかけてきた。周囲も顧客である投資家も、歴史的事実を前に全く冷めていて、依然懐疑心に満ちている、この現実をどう考えるかと。メディアもしたり顔の懐疑論、株高熱狂を戒めるバブル論などに満ちていて、歴史的記録にまともに向かい合おうとしない。私の答えは「だからこそ、白いブラックスワンなのだ」である。この突然の「白いブラックスワン」の飛来に直面し、例えば毎日新聞は、「兜町の慢心?日銀の慢心?」(10/24夕刊)という論評を載せ、株高は虚構だと断じている。また同系の週刊エコノミスト誌では『危ない世界バブル』(11/7付け)という特集を掲載し、あたかも間違った株高、邪悪な株高というスタンスを示している。嗚呼・・・

 地政学、世界同時好況と技術革命、空前の企業収益とその背景にある日本企業が構築した健全なビジネスモデル、著しい好バリュエーション(異常な株の割安さ)、市場フレンドリーな政策、人々を覆っている懐疑・悲観論、これほどの好条件が揃うということは、歴史的稀有の投資環境が現出しているということである。当社は年初来そのことを主張してきた。「日本株を買わない理由が見当たらない」(ストラテジーブレティン183号 6/29日付け)。今市場がようやくそれを織り込み始めた場面だというのに、依然当社は極端な少数派のようである。後から振り返ると、あの時が資産形成の分岐点であったといわれるような局面に我々は立っている。
 

 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 『白い ブラックスワン 』の飛翔 ~日本に対する異常悲観の大修正が始まった