相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(6513)オリジン電気

 四季報によると、タッチパネル貼合装置は一部案件計上が翌期へずれ込む公算。ただ高圧電源機器は好採算の液晶向け伸び想定超。複合機向け精密機器や自動車向け塗料も堅調。営業益向上。環境対策費なく純益浮上。独自技術の溶接機は自動車変速機生産向けで実績、引き合いが強い。精密機構部品は香港現法設立し開発や販売を増強、中国に加え東南アへの拡販も企図。

 8月10日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+7.5%の10億円、経常利益は-15.3%の10億円の見通し。5月12日時点の予想と変わらず。

 ※通信用や産業装置用の電源機器と合成樹脂塗料に強み。タッチパネル貼合装置も手掛け、有機ELスマフォ関連の一面も持っている。

 2014年5月7日の1375円(併合前275円)を安値に上昇トレンド(A)を形成。この中で12月1日の2725円(545円)、12月29日の2700円(540円)、2015年5月25日の2790円(558円)と三尊天井となって下放れし、下降トレンド(B)へ転換しました。この下降トレンド(B)の中で2016年2月12日の1220円(244円)で底打ちとなって、三角保ち合いをつくり上放れしたあとの押し目の2017年4月13日の1405円(281円)を安値に上昇トレンド(D)へ移行しています。この中で9月27日に2188円の高値をつけて押し目を形成しているところです。9月26日権利付で5株を1株に併合し、翌日より株価は5倍の値段に。
 
(6513)オリジン電気
 

(6507)シンフォニアテクノロジー

 四季報によると、豊富な受注残に加え、新規受注1000億円と7%増。FA関連ブレーキ好調、対潜哨戒機向け大型案件の納入開始もありモーション機器続伸。クリーン搬送機器が高水準維持、半導体や水処理関連工事も復調。操業度向上で量産効果満喫。棚卸資産圧縮し負債縮小、財務体質改善急ぐ。自己資本比率40%がメド。振動機器タイ一貫生産体制で東南ア攻勢へ。

 8月4日発表時点、2018年3月期決算予想は、2017年3月期比で営業利益+45.6%の76億円、経常利益+28.6%の70億円と5期連続の増収・増益の見通し。5月12日時点の予想と変わらず。

 半導体、航空宇宙、防衛、電気自動車、ロボットなど材料豊富な銘柄。

 2015年3月2日の290円の高値をつけたあとの戻り高値6月15日の262円から下降トレンド(A)を形成。この中で2016年2月12日の136円で底打ちとなり、いったん反発したあとのもみあいで、8月26日の162円の安値をつけて急角度の上昇トレンド(B)へ転換しました。この上昇トレンド(B)の中で今年の7月24日に503円の高値をつけ、8月14日の388円まで押し目を入れて再上昇となり、9月19日の510円と2山をつくって押し目を形成しています。昨日442円で短期の売転換となっており、ここから下は買いチャンスといえます。
 
(6507)シンフォニアテクノロジー
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!