今週は、いったん目先のピークをつける場面を探すところか

先週は、アメリカ株高と選挙で与党大勝の期待で一方向の上昇となり20年ぶりの高値へ

 先週の予測では、SQの週だが北朝鮮リスクが落ち着いていれば、上値を試す動きとしました。前週の日経平均の上昇は、インデックスに絡んだ値ガサ株中心の上昇ですので、強い材料が出て商いが増加し、2015年6月のアベノミクス高値を突破できれば、カラ売りが多くあるため踏み上げとなって21000円を突破していくことも想定されるとしました。

 結果的には、アメリカ株式は史上最高値を更新する動きが続き、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しで日本のGDPの成長率を上方修正したことも追い風となり、又、衆院選での与党の過半数をこえる予想がでたことで、アベノミクス加速期待も高まり、一本調子の上昇となって週末の13日(金)は、△200円の21155円と約21年ぶりの21000円台のせとなりました。

 3連休明けの10日(火)の日本市場は、この日は北朝鮮の労働党創建記念日であることから朝方は手控えで売り先行となるものの、売り一巡後は北朝鮮リスクが和らぎ為替も落ち着いていることで、景気や決算期待からプラスに転じ△132円の20823円と6日続伸スタートとなりました。

 11日(水)は、前日のNYダウが最高値を更新したことを受け△57円の20881円と7日続伸し、2015年6月24日の終値ベースでの高値20868円をこえて引けました。12日(木)は、前日のアメリカ株式が3指標とも最高値更新となったことや、2018年3月期第2四半期(7~9月期)への期待感が相場を支え、翌日にSQを控えてカラ売りの買い戻しも活発化し、日経平均は2015年6月24日のアベノミクス相場のザラ場での高値20952円を上回る△73円の20954円と8日続伸となりました。

 SQ清算値の13日(金)は、SQ清算に絡んで買い先行で始まり、SQ値は20957円でしたが、後場になると先物主導で一段高となり、一時△256円の21211円まで上昇しましたが、週末要因もあって利益確定売りで上値が重くなり、△200円の21155円となりました。1996年11月29日以来、約21年ぶりに21000円台を回復しました。外国人投資家が先物買いに動き、つれてインデックス買いが強まりファーストリテイリングが上昇するなど指数寄与度の高い株が買われていました。

 13日(金)のアメリカ市場は、経済指標や金融機関の決算は、マチマチだったものの世界株高の流れが続き、3指標そろって反発しました。為替は9月消費者物価指数や小売売上高が予想を下回ったことで、為替はドルが111.69円まで売られ111.87円の円高となりました。しかしシカゴの日経先物は△80円の21240円でした。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、いったん目先のピークをつける場面を探すところか