相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(2593)伊藤園

 四季報によると、主力『お~いお茶』は販促効き国内伸長。米国でも緑茶好調。コーヒーが競争激しいが野菜飲料増で補う。タリーズは改装費が上期先行、天候不順を受け客数減でも、客単価向上で着実増。償却費増吸収。タリーズは五輪前の建築費高騰を見据え改装ペースを足元加速。今秋、日本橋三越本店に日本茶販売店出店、茶葉等展開しインバウンド需要掘り起こし狙う。

 9月1日発表時点。2018年4月期本決算予想は、2017年4月期比で営業利益+3.8%の226億円、経常利益+2.2%の220億円と増収・増益の見通し。6月1日時点の見通しと変わらず。

 チャートの形は、2014年12月17日の2052円を安値に、上向きの末広がりの上昇となっています。この中で2014年12月17日の2052円から2015年の8月14日の3140円まで上昇し、2016年9月16日の2390円の安値から7月7日の4070円まで上昇。8月31日の3050円の安値から今年の6月1日の4670円まで上昇し、9月6日の3755円まで下げて買転換となっています。つまり、上向きの末広がりの上昇の中で下値斜線(A)に到達すると反発し、上値斜線(A´)に到達して反落という動きになっています。そうだとすると業績は安定しており、今年の6月1日の4670円からの下げは9月6日の3755円で止まるかもしれないし、下げてもあとわずかということになります。
 
(2593)伊藤園

 

1 2 3

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!