相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(4528)小野薬品工業

 四季報によると、関節リウマチ薬など新薬貢献だが、がん免疫薬の薬価半減影響が通期化。開発費負担増、訴訟和解金消滅。ただ、がん薬ロイヤルティ想定超、後半に胃がん追加濃厚。営業減益幅縮小。創業記念増配。転移性大腸がん向け8月米国承認。国内は多発性骨髄腫が臨床2相、敗血症1・2相入り。9月末まで500億円上限に自己株買い、全株消却方針。

 8月2日発表時点、2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益-49.5%の365億円、経常利益-47.7%の390億円と大幅な減収・減益の見通し。5月11日時点の見通しと変わらず。

 チャートをみると、2016年3月期決算、2017年3月期決算の好決算を期待して買われ、2016年4月12日に5880円の高値をつけました。ここで好業績見通しを先取りしたことで下降トレンド(A)へ転換し、この年の9月16日の2541円まで下げ、いったん10月7日の3251円まで自律反発するものの、業績見通しは回復しないことからゆるやかな下降トレンド(B)へ移行していました。この下降トレンド(B)の中で今年の4月17日の2195円、9月6日の2185円とダブル底のような形となって9月29日にノーベル賞関連で物色されて、下降トレンド(B)を上放れしています。
 
(4528)小野薬品工業
 

(6300)アピックヤマダ

 四季報によると、柱の組み立て装置は過年度決算訂正で売上29億円上乗せ。足元もスマホ用軸に引き合い堅調。苦戦の電子部品は需要鈍いが前期の固定費追加削減効き部門赤字縮小。営業益上伸。会計問題調査費で特損。内部告発機に11年度以降の売上前倒し計上を第三者委が認定。社長は報酬全額6カ月返上。計上基準は見直し運用厳格化図る。第1四半期決算発表は遅延。

 9月8日発表時点、2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+129.2%の9.1億円、経常利益は+132.3%の9.2億円の大幅増収・増益の見通し。機械:電子部品組立装置、電子部品。

 ○スマフォの高度化、自動車の電子化、IoTやAIなど半導体需要の拡大を受けて同社業績も急拡大。

 2015年6月18日の351円を高値、8月25日の144円を安値とする三角保ち合い(A)を形成し、その煮詰まったところの2016年6月24日の178円を安値に上放れとなり、10月12日の377円まで上昇。ここから11月9日の271円まで押し目を入れたあと再上昇となって、上昇トレンド(C)を形成しています。この中で今年の3月31日の654円まで上昇し、6月30日の456円まで下落し、そこから8月18日の662円と年初来高値を更新したあと、9月13日の561円まで押し目を入れ、9月26日に600円で買転換となっています。
 
(6300)アピックヤマダ
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!