相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3551)ダイニック

 四季報によると、復興関連向け産業用ターポリンが失速。ふた材も減退。が、インクリボンは海外向け需要好転。車載用内装材や展示会用カーペットも好調。後半やや需要伸び悩み、競争厳しいが生産性改善進み吸収。営業微増益。為替差益見込まず。減損特損減。燃料電池用やクリーンルーム用の需要開拓。インドネシア工場はタイなど周辺国への自動車内装材の輸出努力。

 8月9日発表時点、2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+4.2%の12.5億円、経常利益は-1.5%の13.5億円となっています。繊維:印刷情報関連、住生活環境など。

※有機EL向け高性能水分除去シールを手掛けていることから、有機ELを使用したアイフォーン新製品の発売開始で同社に注目が集まり9月14日にストップ高まで上昇。割安株の側面もあります。

 2012年6月4日の130円を安値に8月20日の162円まで上昇後、三角保ち合い(A)を形成し、その煮詰まったところで11月12日の145円を安値に、アベノミクス相場にサポートされて2013年3月11日の226円まで上昇。その後、ゆるやかな下降トレンド(B)へ移行していましたが、2016年4月11日の143円を安値に、今年の1月19日の196円まで上昇して、下降トレンド(B)を上放れし、6月16日の183円まで押し目を入れたあと、上昇トレンド(C)の動きとなっていましたが、この中で9月14日に有機ELの材料でストップ高となって284円まで上昇し、その後押し目を形成しています。
 
(3551)ダイニック
 

(1720)東急建設

 四季報によると、単体受注2400億円(前期比15・8%減)はグループ内の建設需要旺盛で上振れも。建築軸に手持ち工事豊富。前期好採算工事剥落も、土木・建築ともに高水準。下期の粗利低下見込む会社計画慎重。 中部国際空港に隣接する複合商業施設『フライトオブドリーム』を受注。渋谷再開発は区域内最大規模の『渋谷駅街区東棟』や同南棟が下期より売上貢献開始。

 8月8日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+2.8%の177億円、経常利益は+0.3%の189億円の増収・増益の見通し。5月9日時点の見通しと変わらず。

 2014年10月17日の470円を安値に上昇トレンド(A)を形成。この中で2015年8月18日の1170円、9月1日の1175円とダブル天井に近い形となって下落し、上昇トレンド(A)を切って9月24日の952円の安値をつけ、10月13日の1018円まで戻したあと再下落となって下降トレンド(B)へ移行しました。この下降トレンド(B)の中で2016年2月5日の728円で底打ちとなって反発に転じ、8月8日の1112円まで上昇後、三角保ち合い(C)となりました。その後、煮詰まってきたところで今年の9月25日の910円で買転換となりました。
 
(1720)東急建設
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!