北朝鮮リスクはあるが、戻りを試す展開へ

先週は、NYダウ9日続伸、為替は2ヶ月ぶりの112円台で日経平均も一時20481円へ

 先週の予測では、FOMCに注目とし、アメリカ株高・円安が続けば20200円水準を試す動きへとしました。1ヶ月近くもみあっていた上限を突破し、先進国を始め新興国も最高値更新を続けている中で、日本市場ので遅れが際立っているので海外勢の買いも期待できる状況となったともしました。又、20200円水準までは累積出来高が積み上がっているため、戻り売りになるもののアメリカ株高・円安が続けばインデックス買いに絡んで一気に上昇していくパターンも想定しました。

 結果的に、3連休明けにアメリカ株高・円安の継続を受け△389円の20299円と一気に20200円水準を突破し、20日のFOMCの結果発表を受けて為替が2ヶ月ぶりの112円台へ、NYダウは7日連続の最高値更新となったことで21日(木)は一時20481円まで上昇しました。

 3連休明けの19日(火)は、20日のFOMCを控える中、リスク回避の巻き戻しでアメリカ市場でNYダウの最高値更新が続き、為替もドル買い・円売りの流れとなっていることで、寄り付き△218円の20128円と2万円台を回復して始まり、さらに上げ幅を拡大して一時△411円の20320円と6月20日の年初来高値20318円を更新し、△389円の20299円で引けました。

 その後もアメリカ株高・円安に支えられ20日(水)は△11円の20310円と小幅に3日続伸。21日(木)は、前日のアメリカ市場でFOMCの結果発表でバランスシートの縮小を10月からスタートする方針を発表し、追加利上げも年内あと1回を見込むことが示唆されたことで、為替は2ヶ月ぶりに112円台の円安となり、これを受けて日経平均は一時△170円の20481円まで上昇しました。

 その後は、20500円の心理的フシ目に近づいたことや、短期の急速な上昇に警戒感もあって終値は△37円の20347円となりましたが、3日連続の年初来高値更新でした。

 週末の22日(金)は、前日のアメリカ市場が北朝鮮リスクの再燃で反落となったことを受け、朝方こそ円安を支えに買い先行となって△69円の20417円まで上昇しましたが、そこから下げへ転換し、一時▼98円の20249円まで下げて終値▼51円の20296円で引けました。

 22日(金)のアメリカ市場は、トランプ大統領の国連演説での北朝鮮への批判に対し、北朝鮮が再び激しい批判行動を示唆したことに対し、影響は限定的なもののアメリカ株式はマチマチの動きとなり、NYダウは▼9ドルの22349ドルの小幅続落でした。シカゴの日経先物は△20円の20200円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 北朝鮮リスクはあるが、戻りを試す展開へ