ESGをいかに投資に活かすか~まずは読んでみて聴いてみよう

・8月に催された日経IRフェアで、「重要性高まる企業開示とESG情報」というパネルディスカッションを聴いた。参加者の関心も高いものであった。ESG情報をいかに投資に活かすか、という点で共感するところが多かった。そのいくつかを取り上げてみたい。

・ジェイ・ユーラス・アイアールの高山氏はESGについて、次のように強調した。E(環境)にいては、何らかの環境規制に違反すると企業のレピュテーション(評判)が下がってしまう。一方で、CO2などの環境負荷を軽減する製品やサービスを提供することは、企業価値の向上に結びつく。

・S(社会)では、人権に関わる中で、社員の働き方改革が注目される。社員の人材育成に力を入れて、働く人々のモティベーションを高める企業は、業績もよくなるはずである。男女、国籍など多様な人々が働ける会社の方が、均質な人材だけで成り立つ会社よりは、ヒューマンキャピタルのリスクが分散されるはずである。

・G(ガバナンス)では、マネジメント(経営陣)が将来の企業価値創造に向けた戦略の遂行や組織作りをしっかりやっているか問われる。同時に、リスク管理やコンプライアンス体制も重要である。そこで、社外取締役を含む取締役会がマネジメントの執行をきちんと監督し、株主重視の経営を展開しているかをみていく。

・ESGは、この10年の間に大きく注目されるようになってきた。欧州ではESG重視の経営が標榜されている。日本企業の活動もグローバルしており、海外の株主も増えている。また、財務情報をみるだけでは、企業の実質価値は分からない。財務情報に表れない非財務情報の中で、とりわけESGについて深く知ることが、中長期的に伸びる会社を見出すことに繋がるという考えが有力になってきた。

・中外製薬は2年連続で日経のアニュアルレポート表彰で最優秀賞を受けた。内田広報IR部長は、ESGへの取り組みとして、1)ガバナンス(G)では、イノベーションを創出する人材戦略、2)社会(S)では、アンメットメディカルニーズ(まだ治療法のない領域)を満たす革新的な新薬の提供、を強調した。製薬企業として、それをいかに実践しているか。そのプロセスが投資家に理解されるように工夫している。

・中外製薬は、スイスのロッシュが株式の50.1%を所有し、連結対象子会社となっているが、東証1部上場を維持しており、自主独立の経営を展開している。ESGも優れており、最近GPIFがESGインデックスに選定した3つの指数のいずれにも採用されている。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> その他> ESGをいかに投資に活かすか~まずは読んでみて聴いてみよう