相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(1921)巴コーポレーション

 四季報によると、不動産は賃貸に加え販売が寄与。鉄構建設は4~6月期受注が前年同期比1・7倍増と好発進、選別受注継続。豊富な受注残消化し完工増えるが、労務費や原材料高で粗利率低下。営業益反落。鉄構建設での護岸工事の実績を砂防はじめ防災・減災など土木鉄構分野に生かす方策を検討。3次元CADを活用した製品診断システムで、不具合を防止。

 8月10日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は-27.4%の20億円、経常利益は-22.2%の23億円と減収・減益の見通し。5月12日時点の予想と変わらず。

 ※北朝鮮が核兵器による電磁パルス攻撃を示唆。これを受けるとあらゆる電子機器が壊れるが、それを防止する電磁波シールドを建築空間に提供。

 2013年6月7日の300円を安値に急騰し、9月17日の650円でピークをつけ、ここから下降トレンド(A)へ転換。この下降トレンド(A)の中で、2016年2月12日の295円で底打ちとなり、三角保ち合い(B)を形成。この三角保ち合いが煮詰まったところで11月9日の314円を安値に上放れとなり、下降トレンド(A)もぬけて、今年の1月11日に377円まで上昇し、4月14日の327円まで押し目を入れたあと、8月10日に376円で買転換となり電磁波シールドを材料に9月8日の470円まで急騰しました。電磁パルス防御関連として再度、吹き上げが期待できます。
 
(1921)巴コーポレーション
 

(2372)アイロムグループ

 四季報によると、CROは豪州が通期貢献。主力のSMOは好調。難治性疾患の受託増で単価上昇、エシックとの統合に伴う合理化効果も発現。人件費増こなす。前号から営業益増額。株売却特益。会社想定の販売不動産の取引実現なら一段の上振れ、復配も。子会社化したエシックの治験コーディネーターは当社と異なり、医療機関常駐型が中心。適正配置へ調整急ぐ。

 8月9日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益277.4%の8億円、経常利益194.1%の8億円の増収・増益の見通し。5月12日時点の予想と変わらず。

 2014年8月8日の639円を安値に急上昇となり、12月25日の3045円と短期で4.7倍強の上昇となりました。ここをピークに買われ過ぎから下降トレンド(A)へ転換し、2016年2月12日の676円とほぼスタートからの全値押し水準で底打ちとなりました。ここからいったん自律反発となって6月10日の1355円まで上昇するものの、下降トレンド(A)の上値斜線にアタマを抑えられ、11月9日の915円まで下げ、ここで急騰となって下降トレンド(A)を上にぬけて、11月25日の1940円まで上昇しました。その後、今年の4月20日の1099円まで押し目を入れ、8月30日には直近高値の1940円を更新する1992円まで上昇後、大きな大押し目を形成しています。中期的には上昇トレンド(B)を形成しているようです。
 
(2372)アイロムグループ
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!