今週は、日経平均2万円台突破後、2万円台の値固め

先週は、アメリカ株式の連日の最高値更新や円安を受け19700円を突破して19900円台で引ける

 先週の予測では、19000~19700円のレンジの中で、9日の北朝鮮の建国記念日に特別な動きもなかったことで、地政学的リスクがいったん後退し、買い戻しスタートとなってリバウンドが進行し、そのあとは北朝鮮情勢をみながら、19~20日のFOMCに向かってこう着状態に入っていくことを想定しました。

 結果的には、アメリカ市場で地政学的リスクが大きく後退し、リスク回避の巻き戻しで株高・ドル高となり、為替もドル買い・円売りとなって1ドル=111円台までドルが買われ、週末の時点ではNYダウは6日続伸で4日連続の史上最高値を更新し、3指標とも最高値更新が続きました。これを受けて日経平均は欧米市場と比較して出遅れ感が強く意識され、インデックスに絡んだ商いが中心となって、12日(火)は△230円の19776円で買転換出現となり、そのまま上昇を継続して週末の15日(金)は△102円の19909円と8月8日以来の19900円台回復となりました。但し、指数(インデックス)売買のため高寄りして寄り付いたあとは日中はこう着感の強い相場展開となっていました。

 11日(月)は、北朝鮮の建国記念日で挑発行為がなく、円高も一服したことで△166円の19441円で寄り付き上げ幅を拡大して△270円の19545円と大幅反発でのスタートとなりました。12日(火)は、アメリカ株式がS&Pの最高値行更新、NYダウの22000ドル回復と大幅高となり、為替も109円台の円安進行で△190円の19736円で寄り付き、終値は△230円の19776円と大幅続伸し、柴田罫線では買転換となりました。(チャート分析では、この日に19900円水準を目指すとしました)。13日(水)も為替が1ドル=110円台の円安からアメリカ株高となったことで△97円の19873円で寄り付き、終値は△89円の19865円とほとんど動きのないまま3日続伸で引けました。14日(木)になると、北朝鮮がICBMの発射準備を進めているとの観測報道から、リスク回避の動きとなり▼58円の19807円と4日ぶりに反落しました。15日(金)になると、この日の午前に北朝鮮がミサイル発射を行いましたが、前日からわかっていたことなので▼13円の19793円と売り先行となりましたが、円が弱含んでいたこともあり先物主導で買い物が連続的に入り19933円まで上昇して△102円の19909円で引けました。約1ヶ月近いもみあいを上放れした形となりました。

 15日(金)のアメリカ市場では、発表された経済指標は総じてよくなかったものの、前日の消費者物価指数が予想を上回ったことで、年内利上げ観測が再燃し10年債利回りが引き続き上昇したことで、ドルが1ドル=111.66円まで買われ株式市場も3指標最高値更新が続きました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 今週は、日経平均2万円台突破後、2万円台の値固め