相場転換、バスに乗り遅れるな

~日本株安と円高をもたらした日本人の悲観は大修正される場面に
 

(1) 相場転換点到来

●急展開した世界金融市場、リスクオン気運一段と

 9月15日(金曜日)早朝、北朝鮮ミサイル発射直後に日経平均先物が急落したが、それを踏み台に、株価は急反発、日経平均は15日の終値でほぼ一か月ぶりに1万9900円台を回復、配当権利落ちを戻した日経平均先物相場は2万円を回復した。

 同時にドル円相場にも大転換の兆しが表れた。8月29日 弾道ミサイル発射、9月3日 北核実験実施直後の9月8日に円は急騰し107円台をつけたが、それもダメ押しの高値であった可能性が濃厚である。米国株式は三指数そろって先週も史上最高値を更新した。米国長期金利も底入れからリバウンド、中国外貨投資規制緩和(9月9日 為替先物取引の保証金率を20%からゼロに撤廃)により対人民元のドル安底入れの機運がある。世界的リスクオンムード、ドル高転換の条件が強まっている。さらに日本株式を見るうえで重要な空売り比率に大きな転換シグナルが表れている。

●TOPIX空売り比率ピークアウト、明白な転換点に

 先週初め(9月7日)東証空売り比率は43.0%の高水準を付けた後急低下、ピークアウトを記録した。以下の表に示すように、過去の空売り比率ピークアウトは、株式相場転換点と同期している(同日長くても一週間以内)。また空売り比率のピークアウトは円高のピークアウトとほぼ時期が一致している。図表1に示す最近の空売り比率ピーク時(1)~(4)を見るとその相関が明瞭である。
 
空売り比率と相場転換
zu00
 
zu01
 
●株価ボトム後33日で、15%値上がりが過去の平均値

 また底値と直後高値(長期上昇ではなく短期反発のピーク)との関係を見ると、平均33営業日後に、平均15%の値上がりとなっている。それを今回に当てはめれば10月27日にTopix1838、日経平均では2万2165円まで、ほぼ一直線上昇が期待できるということになる。最も小幅な上昇であった今年4月のケースを当てはめても、16日後の10月3日にTOPIXで1742、日経平均2万1009円が期待できる、ということになる。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 

[PR] クレジットカード比較ランキング

んかぶピックアップ
ネット証券口座比較 ネット証券口座比較
証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
FX比較ランキング FX比較ランキング
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
クレジットカード比較 クレジットカード比較
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!
【株式投資初心者ガイド】 ネット証券会社選びお役立ち情報!
投資家に役立つ情報が満載
【株式投資初心者ガイド】
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 相場転換、バスに乗り遅れるな