相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!

(3635)コーエーテクモホールディングス

 四季報によると、主力の家庭用ゲームは『三國無双8』をはじめ主力タイトルを下期集中投入。スマホゲームも規模拡大。アミューズメント施設関連は新開発のVR機器が期中から寄与。人件費増をこなし営業益反発。 当社がライセンス提供し、海外で展開しているスマホ版『三國無双』が600万ダウンロード突破。若手人材の活用を狙い、ゲームブランド『ミダス』を新設。

 7月24日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益+31.0%の115億円、経常利益+5.2%の160億円の増収・増益の見通し。4月27日時点の予想と変わらず。

 現状は、2016年1月21日の1463円を安値とする短中期の上昇トレンド(A)の中にあります。この中で6月8日の2072円を高値とし、8月19日の1681円を安値とする三角保ち合い(B)を形成し、煮詰まったところで上放れとなって今年の3月21日の2328円まで上昇しました。ここから4月17日の2103円まで押し目を入れたあと、6月7日の2411円まで上昇し、チャートの形としては2137~2392円のボックス相場(C)へ移行しています。このボックス相場の上限で8月22日にザラ場で2412円の高値をつけてもみあい、9月4日に2306円で売転換となりました。ボックスの下限まで下落するのを待つスタンスとなります。
 
(3635)コーエーテクモホールディングス
 

(6513)オリジン電気

 四季報によると、自動車向け塗料堅調。だがタッチパネル貼合装置は顧客が投資抑制、売上拡大は来期以降。会社計画は機構部品の想定が高め。工場移転費もあり営業益底ばい。環境対策の特損なくなり最終黒字復帰。 老朽化対策で塗料子会社の工場を埼玉へ17年11月移転、自動車以外への拡販にも力こぶ。17年度下期に中国パネル大手からタッチパネル貼合装置受注見込む。

 8月10日発表時点。2018年3月期本決算予想は、2017年3月期比で営業利益は+7.5%の10億円、経常利益は-15.3%の10億円とマチマチの見通しですが、当期利益は黒字転換の見通し。

 電源大手3社の一角で通信用や産業装置用の電源機器と合成樹脂塗料に強みをもつ。

 2014年5月7日の275円の安値からの上昇トレンド(A)の中で、12月1日の545円、12月29日の540円、2015年2月25日の558円と三尊天井を形成し、558円をピークに下降トレンド(B)へ転換しました。この下降トレンド(B)の中で2016年2月12日の244円で底打ちとなり、ここでもみあって三角保ち合い(C)を形成し、この煮詰まったところの8月17日の243円を安値に上昇トレンド(D)へ移行しています。この上昇トレンド(D)の中で、今年の4月13日の281円を安値に9月7日の410円まで上昇し、押し目形成となっています。
 
(6513)オリジン電気
 

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 注目銘柄・企業情報> 相場展望と今週の注目銘柄はこれだ!