北朝鮮情勢を見ながら、当面は19000~19700円のレンジ内の動き

先週は、北朝鮮の水爆実験により、19300円台まで下落

 先週の予測では、前週に北朝鮮の日本上空を通過するミサイルを受け、日経平均は19300円割れ、しかしアメリカ市場は自国に影響がないとの見方で、すぐに織り込み逆に好調な経済指標を受けて株高・ドル高となったことで日本市場も一時19700円を回復する動きとなりました。そのためアメリカの経済指標をにらみながらのFRBの年内利上げの見通しや9日の北朝鮮の建国記念日を前に様子見となって、目先は19700円達成もあって一服するところとしました。 ところが9月3日(日)に北朝鮮がこれまでの核実験の最大規模となる水爆実験を実施したことで、アメリカの対応と国際社会の対応がどうなるのか注視するところとしました。日経平均は緊張が高まれば前週想定した19000~19700円のレンジの中で下値を模索する動きとなる可能性もあるとしました。

 結果的に、下値をさぐる動きとなり柴田罫線では5日(火)に▼122円の19385円でさらなる下落を暗示する売法則が出現し(チャート分析でお知らせしました)、週末の8日(金)には、19239円まで下げて▼121円の19274円で引けました。なお、この日のアメリカ市場ではシカゴの日経先物は19150円となっていました。

 4日(月)は、前日の北朝鮮の水爆実験を受け、東アジアの地政学的リスクが意識され、リスク回避の売り先行となり、一時▼212円の19479円まで下げ終値は▼183円の19508円となりました。この日のアメリカ市場はレーバーデーで休日のため先送り姿勢が強まりました。為替も109円台後半の円高となりました。5日(火)は、寄り付きは前日の大幅下落の反動で買いが先行するものの、戻り待ちの売りに押され為替が109円台前半の円高になると下げに転換して一時▼153円の19354円まで下げ、引けは▼122円の19385円と続落しました。6日(水)は、前日の3連休後のアメリカ市場では、北朝鮮の水爆実験を嫌気しNYダウは▼234ドルの21753ドルとなったことで、日経平均も3日続落となり▼27円の19357円となりました。7日(木)は、前日のアメリカ市場で株価が反発したことを受け、日経平均も一時△124円の19482円まで上昇しましたが、上値重く上げ幅を縮小して△38円の19396円で引けました。 週末の8日(金)は、前日のアメリカ市場でハリケーンの影響から新規失業保険者が急増したことで年内の利上げ観測が後退し為替は108.05円までのドル安・円高となり、これを受けて日経平均は19239円まで下げ終値は19274円となりました。この日は9月SQ清算日でSQ値は19278円となり、終値は19274円ですので4円下回って引けました。

 日本市場の引け後のアメリカ市場は、ハリケーンや北朝鮮リスクが引き続き重しとなり、主要指標はマチマチで、NYダウは△13ドルの21797ドル、ナスダックは▼37Pの6360Pでした。シカゴの日経先物は△10円の19150円となっていました。

ヤフーブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク ツィートする シェアする  ライブドアブックマーク ディスカス

キーワード

 

連記事

 
 
 

新記事

 
 
みんかぶマガジン> 全ての記事> 市場解説・相場展望> 北朝鮮情勢を見ながら、当面は19000~19700円のレンジ内の動き